キャリバンと魔女

資本主義に抗する女性の身体

キャリバンと魔女

著者
シルヴィア・フェデリーチ [著]/小田原 琳 [訳]/後藤 あゆみ [訳]
出版社
以文社
ジャンル
哲学・宗教・心理学/哲学
ISBN
9784753103379
発売日
2017/02/01
価格
4,968円(税込)

内容紹介

16、17世紀の欧米を席巻した魔女狩りによって迫害・処刑された女性たちとその身体こそ、〈資本主義〉が恐れ、強制的に統治しなければならなかった存在であり、シェイクスピアの戯曲『嵐(テンペスト)』に登場するキャリバンこそ、資本主義が生んだ植民地支配への象徴的な抵抗者だった……。
「家事労働に賃金を!」のスローガンを掲げ、フェミニズム運動の中心的活動家のひとりであるシルヴィア・フェデリーチは膨大な歴史資料・民族誌の読解を通じて、マルクスの本源的蓄積、フーコーの身体論を批判的に検討。彼らが描ききれなかった魔女狩りから植民地支配、今日のグローバルな規模で実施されるIMF・世界銀行の構造調整プログラムによる搾取を、資本主義による女性への暴力と支配の歴史として、フェミニストの視点から書き換える意欲作。

データ取得日:2019/05/25  書籍情報:版元ドットコム