経済的理性の狂気

グローバル経済の行方を〈資本論〉で読み解く

経済的理性の狂気

著者
デヴィッド・ハーヴェイ [著]/大屋定晴 [監修]
出版社
作品社
ジャンル
社会科学/経済・財政・統計
ISBN
9784861827600
発売日
2019/09/25
価格
3,080円(税込)

内容紹介

グローバル資本主義の構造と狂気に迫る
“21世紀の資本論”

マルクスだったら、
グローバル資本主義をどのように分析するか?
“現代のマルクス”ハーヴェイによるスリリングな挑戦……
(『ガーディアン』紙)

■デヴィッド・ハーヴェイ(序章より)
 マルクスが特に関心を寄せたのは、資本主義には強い危機/恐慌の傾向があると思われた、その理由である。 彼は1848年や1857年に恐慌を直接体験したが、これらは、戦争や自然の希少性や不作などといった外的衝撃に起因したものなのか? それとも、破滅的崩壊が不可避となるような資本それ自体の仕組みでも何かあったのか? この疑問は、依然として経済学的探究につきまとっている。
 近年の世界金融危機以来、グローバル資本主義が嘆かわしい状態にあって、理解しづらい軌道をたどっていることを考えると、マルクスが何とかして解明せんとしたものを再検討することは、時宜にかなっているように思われる……。

データ取得日:2020/03/24  書籍情報:openBD