【気になる!】文庫『追憶映画館 テアトル茜橋の奇跡』

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

追憶映画館

『追憶映画館』

著者
伴 一彦 [著]
出版社
PHP研究所
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784569900780
発売日
2020/09/10
価格
770円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】文庫『追憶映画館 テアトル茜橋の奇跡』

[レビュアー] 産経新聞社

 東京のはずれにある街・茜橋には、約30年前に火事で閉館した映画館・テアトル茜橋が朽ち果てた姿で残っていた。同館経営者の娘で、今はアメリカで会社を経営している映美(えみ)は、ある目的のため二十数年ぶりに帰国し、茜橋を訪れる。

 「ローマの休日」「レオン」「小さな恋のメロディ」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」などの名作映画をモチーフに親子、夫婦、親友、飼い主とペットなどの交錯する思いを描く連作短編集。脚本家の著者が「映画館で映画を観(み)る」喜びにこだわり、紡いだ物語の数々。郷愁と希望に満ち、グッとくる。(伴一彦著、PHP文芸文庫・700円+税)

産経新聞
2020年9月27日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加