新時代のマーケティング ビジネスを変える「ニューロ・マーケティング」ってなんだ?――NewMRの手法をチェックしておこう

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


photo by Elnur/fotolia

正しいマーケティングが行われなければ、大きな成果を得ることはできない。このことは、現場にいる多くのビジネスパーソンが感じているはずです。

ならば、効果的なマーケティング活動を進めるために、その意思決定をサポートする「マーケティング・リサーチ」にもっと目を向けたほうがよさそうです。

『マーケティング・リサーチの基本』(岸川茂編著・JMRX著)はリサーチのノウハウを網羅した、教科書的な一冊であるとともに、最先端のリサーチ方法もカバーしています。

ここでは、「マーケティング・リサーチ」とはそもそも一体何なのかという説明から、これからビジネスを変えると期待される最新のリサーチ方法を取り上げます。

 ***

マーケティング活動をサポートする「マーケティング・リサーチ」

現在のビジネスの成否は「マーケティング」がカギを握っていると言っても過言ではありません。

マーケティング活動は、「売れる商品を作ること」(商品開発)と「商品の販売を促進すること」(販売マーケティング)の2つに大きく分かれますが、精度を高めるためには「マーケティング・リサーチ」が必要不可欠です。

マーケティング・リサーチとは、ビジネスにおける課題を発見し、解決するための調査のこと。有効なマーケティング活動を行うための意思決定をサポートするうえで、役立つ情報を提供します。

最近注目されている「ビッグデータ」は、社会の動きや人々の嗜好を、膨大なデータによって可視化します。IT技術の革新によって、これまで集めることも、扱うこともできなかったデータにアクセスできるようになり、ビジネスにおけるマーケティング活動に幅広く応用できるようになりました。

売れる商品を市場に出すには、顧客が一体どんな人たちなのか、市場の動向はどう変化しているのかを見極める必要があります。SNSなどの普及によりユーザーの意見発信の場が増え、「消費者が賢くなっている」と言われる今、マーケティング活動の前段階となるリサーチ(調査)に注目が集まり、その手法も大きく変わりつつあるのです。

日本では不要論が根強い「マーケティング・リサーチ」

ところが、こと日本においては、この「マーケティング・リサーチ」に対する不要論が根強く存在しています。

例えば、日本にもファンが多いスティーブ・ジョブズが「マーケティング・リサーチには頼らない」と言ったという話もありますし、経験則に基づいてビジネスを展開する経営者や優秀なビジネスパーソンも少なくありません。

また、データを集めて分析し、最適な形にまとめて提案をするところまでを考えれば、専門知識が必要なうえに、それなりのコストがかかってしまいます。

いくらリサーチ結果にアクセスできるようになっても、分析が未熟であれば最適なアドバイスをすることはできません。もし、マーケティング活動が失敗に終わり、売上が不調に陥ってしまえば、最初に予算をカットされる場所は「マーケティング・リサーチ」になるでしょう。

日本実業出版社
2016年11月29日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

日本実業出版社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社日本実業出版社のご案内

ビジネス書、教養書、実用書を中心とした書籍を出版している日本実業出版社の公式サイト。新刊情報を中心に、読者のみなさまに役立つ本の情報をお届けします。また著者インタビューやイベントレポートなど、書籍にまつわるここだけの話を特集・記事にてお読みいただけます。

関連ニュース