ジャズ漫画『BLUE GIANT』が第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞に選出【コミックスベストセラー】

ニュース

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月14日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『ハイキュー!!(25)』が獲得した。
 第2位は『食戟のソーマ(23)』。第3位は『監獄学園(24)』となった。

 4位以下で注目は8位にランクインした『BLUE GIANT(10)』。世界一のジャズプレイヤーを目指す主人公がトリオを結成し、切磋琢磨しながら夢に挑む、ジャズを題材にした青春ストーリー。3月10日に発売された10巻で完結し、現在は続編である『BLUE GIANT SUPREME』が連載中。16日には第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門の大賞にも選出された。全10巻で累計200万部を突破。ジャズ100周年の今年、さらなる注目を浴びる作品となりそうだ。

1位『ハイキュー!!(25)』古舘春一[著](集英社)

宮城県1年生選抜強化合宿で、練習に入れなくとも貪欲に学ぼうとする日向!! 一方、全日本ユース強化合宿に参加した影山は仲間との接し方に悩み始め!? 春高前総決算で挑む伊達工戦、大幅描き足しで収録…!!(集英社ウェブサイトより)

2位『食戟のソーマ(23)』附田祐斗[原作]佐伯俊[作画]森崎友紀[原著](集英社)

十傑との直接対決という無謀な試験に挑む創真たち反逆者。それぞれの戦いを終え、無事に三次試験を突破した者はいるのか!? さらには、薊の因縁の始まりである、創真の父・城一郎の過去が明らかに…!?(集英社ウェブサイトより)

3位『監獄学園(24)』平本アキラ[著](講談社)

副会長・白木芽衣子、ここに完全復活! 死の淵から蘇り、全ての力を取り戻した彼女が真っ先にやるのはもちろん、魔獣・アンドレへのおしおき! ずっと待ち望んでいた「女王様」突然の再臨に、マゾはただ混乱する・・・・。死闘を続けた男子・女子、そしてまさかの理事長の命運が交錯するとき、誰も予想だにしなかった絶望への扉が開き出す・・・・!! 明朗学園囚人騎馬バトル、予測不可能のクライマックスが始ま・・・・る!!(講談社ウェブサイトより)

4位『ワールドトリガー(18)』葦原大介[著](集英社)

5位『魔法使いの嫁(7)』ヤマザキコレ[著](マッグガーデン)

6位『君に届け(28)』椎名軽穂[著](集英社)

7位『赤髪の白雪姫(17)』あきづき空太[著](白泉社)

8位『BLUE GIANT(10)』石塚真一[著](小学館)

9位『双星の陰陽師(11)』助野嘉昭[著](集英社)

10位『新テニスの王子様(20)』許斐 剛[著](集英社)

〈コミックスランキング 3月14日トーハン調べ〉

BookBang編集部

Book Bang編集部
2017年3月18日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加