凹まない練習。ダメなのは、「自分」ではなく「考え方」――「こころのメガネ」のお話を始めます。

ニュース

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


認知行動療法をイラストと物語で解説する1冊。

「もし、私の思い通りにならなかったら

それはとても残念なことではあるが、

それで、『この世の終わり』というわけではない」

臨床心理学者 アルバート・エリス

米国で強い影響力をもつ臨床心理学者であり、世界三大心理療法家のひとり、アルバート・エリス。彼が説く認知行動療法は、知らないうちに偏ってしまった「物事の考え方やとらえ方」を健全に戻すことで、不必要な悩みやイライラ、凹(へこ)み、不安から自由になることを目指す心理療法です。

『凹まない練習』(日本実業出版社:刊)では思考の枠組みを「心のメガネ」とたとえ、エリス博士の「今を100%生きるための教え」を、主人公であるリスのエーリスがやさしく解き明かしていきます。ついイライラしてしまったり、クヨクヨ悩んでしまう人の心を晴れに変える物語です。

ここでは本書の内容の一部を、編集のうえ公開します。

「こころのメガネみがき屋」へようこそ。

とある街にある、ちょっと変わった名前のお店「こころのメガネみがき屋」。そこは、悩める人の心から悩みを消す不思議なお店です。店主が語る「こころのメガネの話」にその秘密があるらしいのです。

店主であるリスのエーリスは、最近まで「靴磨き屋」として、毎日お客様の靴を磨いていました。そこでお客さまから聞くいろいろな話のお返しに、イライラ、クヨクヨ、凹む……といった、長引く「嫌な感情」をお客さま自身で解決できるように「こころのメガネ」の話をするようになったのです。

すると、みんながたいへん興味深く聞いてくれ、気づけば「靴は磨かなくていいので、こころのメガネのお話を聞かせてください……」という人が、たくさんやって来るように。

こうして「こころのメガネみがき屋」が始まったのです。

今日もまた、ウワサで評判を聞いたお客さんが、「何か、変わるかも!」という期待とともに、ひとり、またひとりと、その扉の奥へと入って行くのでした――。

あなたも椅子におかけになって、エーリスの話を聞いていきませんか?

出来事と感情の間には「こころのメガネ」がある


店主・エーリス

じつはですね、何かしらの感情が生じる時には、みんな自分の「こころのメガネ」を使っているんです。

普通はいちいち意識していませんので、気づかないんですけどね。では、ちょっとここで「こころのメガネ」とはどんなものか、お話ししましょうかね。

「こころのメガネ」は一人ひとり違いまして、同じものはひとつとしてないんです。と言いますのも、一人ひとりはまっているレンズが違いましてね。そのレンズは一人ひとりが持っている、「その人なりの考え」からできているんです。

常識やルール、固定観念や価値観、信念や信条……、そういったものでしょうか。

では、感情が生じる時、そんな「こころのメガネ」をどのように使っているかと申しますと、出来事に対していろんな「情報処理」をする時に使っているんです。何かしらの感情が生まれる時には、そのもとになっている出来事がありますが、その「出来事」から「感情」が生じるまでの間に、じつは「こころのメガネ」で情報処理をしているんです。

「出来事」からすぐ「感情」が生じる、というわけではないんです。その「情報処理の仕方」なんですがね。まずは「出来事」を知覚するんです。その出来事を「どのように見るか」、ということですね。

そして次に、その知覚したことをレンズにある「自分の考え」にもとづいて評価し、判断を下すんです。知覚したことを「どのように考えるか」ということですね。このような一連の流れを「こころのメガネ」を通して、行っているんです。そして、それに見合った感情が生じているというわけなんです。

日本実業出版社
2017年7月5日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

日本実業出版社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社日本実業出版社のご案内

ビジネス書、教養書、実用書を中心とした書籍を出版している日本実業出版社の公式サイト。新刊情報を中心に、読者のみなさまに役立つ本の情報をお届けします。また著者インタビューやイベントレポートなど、書籍にまつわるここだけの話を特集・記事にてお読みいただけます。

関連ニュース