「超高速! 参勤交代」シリーズの土橋章宏の新連載がスタート 竹清仁・柳広司によるアニメ脚本も掲載

リリース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土橋章宏の新連載「いも殿さま」の連載表紙
土橋章宏の新連載「いも殿さま」の連載表紙

 電子書籍「文芸カドカワ」(2018年5月号)で、「超高速! 参勤交代」シリーズで知られる土橋章宏の新連載「いも殿さま」がスタートした。

「いも殿さま」は、いも殿さまと慕われた島根のヒーロー、井戸平左衛門の活躍を描く異色グルメ時代小説。享保の大飢饉から石見の民を救った知られざる為政者の生き様とは?

 著者の土橋は、1969年大阪府生まれ。電気機器メーカーを退社後、TVドラマやラジオなどの脚本、小説を手掛ける。2011年に「超高速! 参勤交代」で第37回城戸賞を受賞、同名映画で第38回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、作品も第57回ブルーリボン賞に輝く。

 また、アニメーション映画監督・竹清仁と小説家・柳広司によるアニメ脚本「ゴーストタウン 冥界のホームズ」が先取り掲載されているほか、人体のパーツばかりが見つかる猟奇事件を描いた富樫倫太郎の警察小説「警視庁特殊捜査班 SECRET MISSION」が今号で最終回を迎える。

竹清仁・柳広司によるアニメ脚本「ゴーストタウン 冥界のホームズ」の連載表紙
竹清仁・柳広司によるアニメ脚本「ゴーストタウン 冥界のホームズ」の連載表紙

 そのほか「文芸カドカワ」では、幽霊になってしまったクラスメイトが登場する青春小説「イシイカナコが笑うなら」(額賀澪)や各地の仏像を鑑賞することを目的にした「見仏記 道草篇」(いとうせいこう・みうらじゅん)、第一次世界大戦下のヨーロッパを舞台にした歴史ロマン小説「リラと戦禍の風」(上田早夕里)、祖母・母・ムスメの三人組が活躍する痛快ミステリ「三世代探偵団2 枯れた花のワルツ」(赤川次郎)などが連載されている。

「文芸カドカワ」は、株式会社KADOKAWAが2014年12月に創刊した大人のエンタテインメント小説誌。「BOOK☆WALKER」ほか各電子書店にて発売。最新号は毎月10日配信予定。
http://bunkado.kadokawa.co.jp/

2018年4月13日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加