犬も食わない

犬も食わない

著者
尾崎世界観 [著]/千早茜 [著]
出版社
新潮社
ISBN
9784103521419
発売日
2018/10/31
価格
1,430円(税込)

内容紹介

尾崎世界観が描く「だめな男」。千早茜が描く「めんどくさい女」。同棲カップルそれぞれの視点、男女の本音が詰まった“究極の共作恋愛小説”が誕生。

「結婚とか別れ話とか、面倒な事は見て見ぬふりでやり過ごしたい」「ちゃんと言ってよ。言葉が足りないから、あたしが言い過ぎる」――脱ぎっ放しの靴下、畳まれた洗濯物、冷えきった足、ベッドの隣の確かな体温。同棲中の恋人同士の心の探り合いを、クリープハイプ・尾崎世界観、千早茜が男女それぞれの視点で描く、豪華共作恋愛小説。

【目次】
・第一回 いちごミルク (千早茜) / フライドポテト (尾崎世界観)
・第二回 大縄跳び (尾崎世界観) / 煙草コーヒー (千早茜)
・間奏 (尾崎世界観)
・第三回 家弁当 (千早茜) / 体温計 (尾崎世界観)
・間奏 (千早茜)
・第四回 テトリスJr. (尾崎世界観) / 古い鍋 (千早茜)
・第五回 ラジカセ (千早茜) / 江ノ島 (尾崎世界観)
・第六回 サヨナラ負け (尾崎世界観) / ひとり相撲 (千早茜)

【出版社からのコメント】
映画「帝一の國」主題歌の「イト」、東京メトロCMソング「陽」など、次々と話題の楽曲をリリースし続ける人気ロックバンド「クリープハイプ」。そのヴォーカル・ギターである尾崎世界観氏は2016年に初小説『祐介』を刊行し、作家活動も注目を集めています。その気鋭の才能と、2008年小説すばる新人賞でデビュー以来、泉鏡花文学賞、島清恋愛文学賞を受賞し、直木賞候補にも二度選出された実力派作家・千早茜氏が小説でタッグ! 前・後編にわかれ、同棲カップルの男性視点を尾崎氏、女性視点を千早氏が描き、連作短編集へ。“永遠の愛”などとは程遠くケンカばかりの二人、なのに何故かいつまでも見守りたくなる――そんな愛すべき物語が完成しました。

データ取得日:2019/12/09  書籍情報:版元ドットコム