松本隆のことばの力

松本隆のことばの力

著者
藤田 久美子 [著]
出版社
集英社インターナショナル
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784797680850
発売日
2021/10/07
価格
902円(税込)

内容紹介

作詞家、松本隆が50年のキャリアを語り尽くす。
はっぴいえんどの「日本語ロック」や松田聖子などに提供した歌詞の背景から日本語という言葉のおもしろさと可能性が浮かび上がる。
細野晴臣、大滝詠一、鈴木茂と組んだはっぴいえんど時代、日本語とロックの関係を築き上げ、その後「職業作詞家」に転身。
その頃の作詞家には脚本家とコピーライター出身者が多く、ミュージシャン出身(ドラマー)は珍しい存在だった。
音楽への深い理解とリズム感を生かし、まったく新しい歌詞の世界をつくり上げていく中で発見した「ことばの力」とは。
アグネス・チャン、太田裕美、松田聖子、ジャニーズのアーティストたち……に歌詞を提供、ヒット曲を量産し続け、古事記やシューベルトの「訳」も手がける。
唯一無二の「ことばとの関わり」をアーカイブするとともに、歌詞にこめられた時代、思い、人、街、そして風…も未来に伝える。

(目次より)
第一章 はじめにことばありき
第二章 ことばの力
第三章 詞の作り方
第四章 『冬の旅』への旅
第五章 瑠璃色の地球
昨年亡くなった、盟友である作曲家、筒美京平氏への思いも綴られる。

藤田久美子=編・著

松本隆(まつもと たかし)1949年、東京都港区出身。1960年代後半、ドラマーとして細野晴臣らとバンド活動を始め(後のはっぴいえんど)、作詞も担当。
バンド解散後、職業作詞家として本格的に活動。松田聖子、太田裕美、近藤真彦、薬師丸ひろ子、KinKiKidsらに歌詞を提供。
質量ともに稀代のヒットメーカーとなる。2021年に作詞活動50周年を記念したトリビュート・アルバム『風街に連れてって!』が発売。

データ取得日:2022/06/28  書籍情報:openBD