【気になる!】文庫 『太宰よ! 45人の追悼文集 さよならの言葉にかえて』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太宰よ! 45人の追悼文集

『太宰よ! 45人の追悼文集』

著者
河出書房新社編集部 [編集]
出版社
河出書房新社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784309416144
発売日
2018/06/06
価格
913円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【気になる!】文庫 『太宰よ! 45人の追悼文集 さよならの言葉にかえて』

[レビュアー] 産経新聞社

 太宰治が玉川上水で入水(じゅすい)を遂げてから70年。同時代に生きた作家、友人ら45人が思慕、後悔、非難、諦念、惜別…さまざまな感情で彩った追悼の文章を精選したアンソロジー。

 太宰の生涯の師で面倒を引き受けた井伏鱒二は弔辞で「ただ君の才能に敬伏していました」、友・檀一雄は「彼の文芸は、彼の自殺をまたねば成就を見ない」と評す。芥川賞受賞を懇願した太宰をモデルに小説を書いた佐藤春夫の追悼文、本人に「太宰さんの文学はきらい」と告げた三島由紀夫の述懐なども興味深い。(河出書房新社編集部編、河出文庫・830円+税)

産経新聞
2018年7月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加