『ともがら(朋輩)』中原文夫著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ともがら(朋輩)

『ともがら(朋輩)』

著者
中原文夫 [著]
出版社
作品社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784861827808
発売日
2019/10/10
価格
1,210円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『ともがら(朋輩)』中原文夫著

[レビュアー] 産経新聞社

 芥川賞候補作家の、短歌をちりばめた野心作である。

 大手電機メーカーに長く勤め、いまは取締役顧問として不足のない生活をしている主人公は病院で、学生時代の下宿仲間に数十年ぶりに会う。彼に好意を持ったことはなかったが、彼の方は妙に明るく、なれなれしく接してくる。定職をもたず、アルバイトのような仕事をしながら、ぜんそくの妻と知的障害のある息子を抱えて、一人で家庭を支えているらしい。主人公の留守中、会社に訪ねてきて、漢方薬を置いていったりする。

 彼の接近にいらだち、振り回されていく熟年の心の葛藤をえがいた。(作品社・1100円+税)

産経新聞
2019年10月27日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加