【気になる!】文庫『もちじゅわ中華まんの奇跡』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もちじゅわ 中華まんの奇跡

『もちじゅわ 中華まんの奇跡』

著者
石井 睦美 [著]
出版社
中央公論新社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784122069848
発売日
2020/11/25
価格
792円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】文庫『もちじゅわ中華まんの奇跡』

[レビュアー] 産経新聞社

 「ひぐま」こと樋口まりあは、大学でリケジョだったが、就活に失敗、祖母のツテで食品商社の社長秘書になって2年目だ。

 社長の来客に料理を振る舞うのも秘書の仕事。倉庫番を自称する管理部長の教えを受けながら、他の業務同様、料理も腕をあげてきた。そんなまりあが、料理や社長、客とのやりとりを通じ、食べ物の持つ力、だれかと一緒に食事することの意味に気づいていく。

 ボルシチ、七草粥、にんじんケーキ、中華まんなどが次々と登場。その文章に加え、湯気を上げる中華まんの表紙写真に思わずため息が漏れた。(石井睦美著、中公文庫・720円+税)

産経新聞
2020年12月20日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加