『日本に生きる君へ 未来を拓く「気づき」という贈り物』大西秀憲著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本に生きる君へ 未来を拓く「気づき」という贈り物

『日本に生きる君へ 未来を拓く「気づき」という贈り物』

著者
大西 秀憲 [著]
出版社
幻冬舎
ジャンル
社会科学/社会
ISBN
9784344932470
発売日
2021/08/30
価格
1,540円(税込)

書籍情報:openBD

『日本に生きる君へ 未来を拓く「気づき」という贈り物』大西秀憲著

[レビュアー] 産経新聞社

病院や施設向け離床センサーなどで知られる福祉機器開発販売会社テクノスジャパンの創業者が、現代日本の政治・経済・精神の惨状を憂えて書いた本だ。著者は、若者の気づきによる日本の再生を強く願っている。

本書では、ほとんどの大人が語ろうとしない、戦後日本の根本的な問題を容赦なく指摘する。例えば「世界の中で究極の日本の敵はアメリカである」などと、占領政策の見直しを怠ったことによる弊害と矛盾を看破する。

在野の賢人が投げ込む直球は、ビシビシと胸に響く。若者だけでなく、全ての日本人が読むべき内容だ。(幻冬舎・1540円)

産経新聞
2021年11月28日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加