沈没船や戦闘機などの水中遺跡の調査現場とは? 『ダンピアのおいしい冒険』の作者・トマトスープが注目した一冊

レビュー

378
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沈没船博士、海の底で歴史の謎を追う

『沈没船博士、海の底で歴史の謎を追う』

著者
山舩 晃太郎 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784103541912
発売日
2021/07/15
価格
1,595円(税込)

書籍情報:openBD

マンガでわかる水中考古学の魅力 沈没船や戦闘機などの水中遺跡の現場を紹介した一冊

[レビュアー] トマトスープ(漫画家)

世界の海で沈没船の発掘・研究を行う水中考古学者の山舩晃太郎さんによる書籍『沈没船博士、海の底で歴史の謎を追う』は、レア古代船を掘り出し、カリブ海で正体不明の海賊船を追い、エーゲ海で命を危険にさらすエキサイティングな発掘記だ。

【試し読み】「海賊船」と噂された沈没船の正体 『沈没船博士、海の底で歴史の謎を追う』

このロマンあふれる水中考古学者という職業の日常を綴った本作の読みどころを、冒険家のウィリアム・ダンピアをモデルとしたダンピアのおいしい冒険』の作者・トマトスープさんがマンガで紹介する。

 ***

Book Bang編集部
2022年8月5日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加