プロフィール

  • 植松三十里(小説家) 0

    静岡市出身。東京女子大学史学科卒。出版社勤務、在米生活などを経て、二〇〇三年に歴史文学賞、〇九年に『群青 日本海軍の礎を築いた男』で新田次郎文学賞、『彫残二人』(文庫化で『命の版木』に改題)で中山義秀文学賞を受賞。他に、『繭と絆 富岡製糸場ものがたり』『雪つもりし朝 二・二六の人々』『ひとり白虎』など著書多数。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加