英国文化の「本質」とは何か

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

酒場天国イギリス

『酒場天国イギリス』

著者
小坂 剛 [著]
出版社
中央公論新社
ISBN
9784121505620
価格
950円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

英国文化の「本質」とは何か

[レビュアー] 図書新聞

 いわゆる「酒場案内」ではない。イギリス文学・文化研究者やロンドン在住者、ロンドン出身者などと「英国文化を味わい尽くす」旅。では、その英国文化の「本質」とは何か。ピーター・バラカン氏が登場する章の言葉をかりれば、それは「人とのつながりを大切に思う気持ち。そして、自分に忠実であること」。あるいは開高健の言った「よいものは守り抜く」。これらは一見、当たり前で凡庸で、保守的に思えるかもしれないが、では「此岸」はどうかと省みると、人とのつながりをぶったぎり、自分に不誠実で、よいものからぶっ潰している有り様ではないか。最近ご無沙汰のあの店で、本書を片手に、エールとシングルモルト、ツマミにフィッシュ&チップスなんて、如何。(9・10刊、三一八頁・本体八八〇円・中公新書ラクレ)

図書新聞
2016年10月8日号(3273号) 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

図書新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加