「私を見て!」さみしさに苦しむ人のSOS――さみしい心を落ち着かせる処方せん

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


どうしようもないさみしさを感じることがある photo by gois/photo AC

仕事や人間関係がうまくいかないときや、「まわりの人に認められていないのではないか」と感じたときの孤独感やさみしさ。こうした感情は、実は誰もが持つ本能的なものです。それを胸の内にしまいこんだり認めなかったりするとき、人は、負の感情から抜け出せない悪循環に陥ることがあります。

「私を見て」「私の存在に気づいて」という欲求の本質を知ることが、さみしい心を落ち着かせるファースト・ステップです。「Look at me症候群」という概念を提唱した臨床脳研究の第一人者、柿木隆介医師は、著書のなかでそう述べています。

 ***

・つい「いい人」のふりをしてしまう
・親や友達に本音を話せない
・SNSの「いいね!」が少ないと不安になる

このような不安定な感情は、多かれ少なかれ、誰もが日常的に感じるものです。しかし人によっては、その性格や考え方、おかれた環境の影響によって、負の感情が心の内側でふくらんでいき、いいようのない孤独やさみしさを抱えてしまいます。また、そんな自分が嫌いになることもあります。

増幅された孤独感は、何かのきっかけで人を思わぬ行動に向かわせます。自己嫌悪から、人に会うのを避ける。あるいは、いきすぎた行動で周囲を驚かせる。

極端な場合には、何らかの精神的、社会的問題を起こし、発達障害や適応障害、あるいはうつ病などの精神疾患と診断されることもあります。

内科、神経内科の医師であり脳科学研究者でもある柿木隆介氏は、そのような心の問題を抱える多くの人たちと接してきました。

そのなかで柿木氏は、人間誰しもが持つ本能的な欲求でもあり、だからこそ自覚しにくい「やっかいな欲求」に注目しました。

それが「私を見て」「私の存在に気づいて」(Look at me)という欲求です。柿木氏は、この欲求をコントロールできずにあらわれる言動を、「Look at me症候群(Look at me syndrome 以下LAMSと省略)」と名付けました。

そして、このLAMSをテーマに書き下ろしたのが『読むだけでさみしい心が落ち着く本 Look at me症候群の処方せん』です。

「私に気づいて」という感情は本能的なもの

柿木氏がLAMSの人と接するたびに、次のような心の叫びを感じとるといいます。

「毎日普通に生きて、笑うことも普通にあるけれど、静かなさみしさを抱え、心が無表情になってしまった」

社会の規範から外れた行動をとってしまったとはいえ、本人と直に接するといたって普通の人であり、けっして精神疾患や発達障害などではないことが多いそうです。

彼女(彼)らは「私を見て」「私の存在に気づいて」という強い欲求を上手に表現できず、むしろそんな自分を否定し隠してしまうために、さみしさが限界をむかえ、それが異常な言動として表れている、と柿木氏は述べています。

日本実業出版社
2016年12月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

日本実業出版社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社日本実業出版社のご案内

ビジネス書、教養書、実用書を中心とした書籍を出版している日本実業出版社の公式サイト。新刊情報を中心に、読者のみなさまに役立つ本の情報をお届けします。また著者インタビューやイベントレポートなど、書籍にまつわるここだけの話を特集・記事にてお読みいただけます。