起業するなら「年間売上1000万円」は最低条件――「やりたい仕事」ではなく「求められる仕事」を

ニュース

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


photo by beeboys/Fotolia

起業をしたけれどまったく上手くいかない。

お金ばかりがどんどん出ていって、うまくビジネスがまわらない。

起業したての経営者が陥りがちなこの悩みに答えはあるのでしょうか?

経営コンサルタントの小川晋平さんは数々のクライアントを見てきたなかで、売上を逃してしまうポイントが存在すると指摘し、そのポイントをクリアすれば売上を伸ばすことができるとしています。

まずは「売上1000万円」が最初の目標です。これをクリアするには一体どうすればいいのでしょうか。さっそく見ていきましょう。

  ***

「売上1000万円」も稼げないのなら「起業家としての稼ぎ方」を知るべき

多くの会社の寿命は、きわめて短いものです。

例えば、今日立ち上がった会社が10年後まで生き残る割合はだいたい6%ともいわれ、100社のうち94社はそれまでに倒産することになります。

競争に勝ち抜き、会社の売上を伸ばしていくことは至難の業。見通しを立てて独立し、起業に踏み切ったとしても苦戦している経営者は多いはずです。

では、だいたいどのくらい稼げれば、起業してひとつの壁を突破したと言えるようになるのでしょうか?

起業する人にとって、売上1000万円はひとつの指標です。厳しいことを言うと、1000万円稼げないのであれば、起業する意味はないでしょう。(『起業のマトリクス』1ページより)

こう断言するのは『売上アップに必要な「打ち手」が一目でわかる 起業のマトリクス』の著者で“高単価化コンサルタント”の小川晋平さんです。

なぜ「1000万円」が一つの基準となるのでしょうか? それはズバリ、売上1000万円以下では、諸経費や税金を考えるとサラリーマンをしているときよりも生活が苦しくなるからです。

小川さんは、「起業家としての稼ぎ方」を知って実践すれば、それほど苦労することなく1000万円を達成できると言います。もし、起業して1000万円以下しか稼げていないのならば、それは実力不足でも運がないのでもなく、単純に「稼ぎ方」を知らないからです。

もし会社で優秀なプレーヤーだったとしても、この「稼ぎ方」を知らなければ成功は覚束ないでしょう。経営者の稼ぎ方はサラリーマンの稼ぎ方とは全くの別物です。この点は心に留めておくべきです。

「やりたいこと」から始まる起業は失敗する!?

なぜ売上が伸びないのでしょうか?

それは「そもそも」の段階で間違えているからかもしれません。

「そもそも」とは「商品づくり」のことで、本書で詳細に解説されています。そのポイントをいくつか紹介しましょう。

日本実業出版社
2017年1月10日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

日本実業出版社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社日本実業出版社のご案内

ビジネス書、教養書、実用書を中心とした書籍を出版している日本実業出版社の公式サイト。新刊情報を中心に、読者のみなさまに役立つ本の情報をお届けします。また著者インタビューやイベントレポートなど、書籍にまつわるここだけの話を特集・記事にてお読みいただけます。