「この家買っても大丈夫?」値下がりしない家の買い方 3つのポイント――住宅選びのプロの見方、教えます。

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


(さあ、どっちの家を買うべきか…… photo by maroka/Fotolia)

空き家の増加が社会問題化している昨今、これからマイホーム購入を考える人にとっては、「値下がりリスク」が心配のタネ。どうせ買うなら、資産価値が下がらない家を選びたいものです。

資産価値を維持できるのは、どんな家なのでしょうか。「住宅選びのプロ」の見方を紹介します。

________________________________________

空き家は800万戸超、さらに増加中!

空き家の増加が社会問題化しています。総務省統計局が5年ごとに発表している最新の調査結果(平成25年)によると全国の空き家数は820万戸で、5年前に比べ63万戸増加し、その総住宅数に占める割合(空き家率)は13.5%と過去最高を記録しました。

さらに2033年には、それぞれ2170万戸、30.4%になるという予測もあります(野村総合研究所)。

このような状況でマイホーム購入を検討するとき心配なのが、せっかく買った家が大きく値下がりしてしまうこと。住み替えの予定や賃貸に出す可能性がある場合はもちろん、たとえなくても、大金を払った家の価値が大きく下がったりしたらとてもガッカリしてしまいます。

いまの時代、値下がりしにくい家などあるのでしょうか。あるとすれば、どんな特徴を持っているのでしょうか。

雑誌『週刊住宅情報』の元編集長であり、webサイト「マンション評価ナビ」を運営する住宅選びのプロ、大久保恭子さんは、著書『住宅選びのプロが教える 資産になる「いい家」の見つけ方・買い方』の中で「家の資産価値を決める要因」を「立地」「建物」「売買のタイミング」の3つとしたうえで、「資産になる家」の見分け方を解説しています。そのポイントを紹介しましょう。

「生活のしやすさ」で見分ける

家という資産は「建物」と「土地」から成り立っています。また土地は、それがどんな場所にあるかという「立地」によって、価値が大きく変わります。

そこで質問です。「立地」と「建物」どちらが資産として重みがあるでしょうか。

答えは「立地」です。

建物には、どんなに丈夫につくったとしても必ず寿命があります。老朽化して住むことができなくなった家は、資産価値としてはゼロです。一方で土地は永久に利用できます。

ただし、通勤、通学や買い物に不便な土地に人は住みたがりませんから、そのような土地の価値は当然低くなります。反対に、日々の生活に便利な土地には人がどんどん集まって、そこに建つ家の資産価値は高くなります。

そんな「資産になる立地」は次のような視点で見分けます。

日本実業出版社
2017年4月21日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

日本実業出版社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社日本実業出版社のご案内

ビジネス書、教養書、実用書を中心とした書籍を出版している日本実業出版社の公式サイト。新刊情報を中心に、読者のみなさまに役立つ本の情報をお届けします。また著者インタビューやイベントレポートなど、書籍にまつわるここだけの話を特集・記事にてお読みいただけます。