Amazonランキング大賞2017上半期が発表 和書総合1位に柳澤英子『やせるおかず 作りおき』、2位に村上春樹『騎士団長殺し』

文学賞・賞

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Amazon ランキング大賞 2017 上半期」が本日発表され、和書総合1位は柳澤英子さんの『やせるおかず 作りおき』(小学館)となった。

『やせるおかず 作りおき』は、料理研究家である柳澤さんが52歳のときに1年間実践し26kgの減量に成功したダイエットレシピを紹介した1冊だ。同作は「やせおか」の愛称で知られる累計246万部を突破する人気シリーズ。同シリーズの『全部レンチン! やせるおかず 作りおき』、『夫もやせるおかず 作りおき』もそれぞれ7位、18位にランクインしている。

 2位は7年ぶりの長編となる村上春樹さんの『騎士団長殺し:第1部 顕れるイデア編』(新潮社)だった。同作の第2部は4位にランクインしており、文学・評論部門では1位、2位を独占した。3位は乃木坂46の白石麻衣さんの2ndソロ写真集『パスポート』(講談社)となり、エンターテインメント部門では堂々の1位となった。

 5位にランクインした、お笑い芸人「キングコング」の西野亮廣さんが“にしのあきひろ”名義で出版した『えんとつ町のプペル』(幻冬舎)は絵本では異例の30万部を突破し、絵本・児童書部門でも1位となった。

 コミック部門では諫山創さんの『進撃の巨人(21巻)』(集英社)が1位となっており、同作の22巻も3位にランクインした。2位は尾田栄一郎さんの『ONE PIECE(84巻)』(集英社)、4位に九井諒子さんの『ダンジョン飯(4巻)』(KADOKAWA)となった。

 電子書籍部門はコミック作品が上位を占める結果となった。1位に諫山創さんの『進撃の巨人(22巻)』、続いて2位に九井諒子さんの『ダンジョン(4巻)』、3位に三田紀房さんの『インベスターZ(2巻)』(講談社)。そのほか、『キングダム』『東京タラレバ娘』『中間管理録トネガワ』『僕だけがいない街』など、17位まですべてコミック作品がランクインした。

 他部門については、ビジネス・経済部門でユヴァル・ノア・ハラリさん『サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福』(河出書房新社)、趣味・実用・自己啓発部門で岸見一郎さん、古賀史健さん『嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え』(ダイヤモンド社)が第1位となっている。

 同ランキングは2016年11月14日~2017年5月14日の期間における、Amazonでの販売データ等をもとに集計した。本やKindle本のほかミュージック、DVD・ブルーレイ、家電、食品、ドラッグストア商品、シューズ&バッグなどのカテゴリー別も発表している。
https://www.amazon.co.jp/b?node=5306259051&rh=i

Book Bang編集部
2017年6月1日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加