小説家の上田岳弘がゲストに 文学ワイン会「本の音 夜話」開催

イベント

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小説家の上田岳弘をゲストに迎えた、文学とワインを一緒に楽しむトークイベント「本の音 夜話」が8月9日(水)に開催される。

「本の音 夜話」は、エノテカ銀座ミレで行われているトークイベントで、毎回1人の作家を招き、文学とワインを一緒に楽しむ会。第13回を迎える今回は特別出張篇として東京・神楽坂にあるキュレーションストア〈la kagu〉で開催が決定した。

 デビュー作『太陽・惑星』(新潮社)の取材でフランス・パリを訪れた際のエピソードなどをもと上田のリクエストで選ばれた2種類のワインを味わいながら、各作品に底通する世界観をはじめ、純文学の可能性、最新刊『塔と重力』についてトークが行われる予定だ。

 トーク終了後には、最新刊『塔と重力』のサイン会を予定しており、書籍は会場でも販売する。

トークイベント
■日程:8月9日(水) 19時~
■場所:la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko
■料金:3,240円(ワイン2杯、簡単なおつまみ付き)
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/0118t4yzjs69.html

上田岳弘(うえだ・たかひろ) 1979年、兵庫県生まれ。早稲田大学法学部卒業。2013年、「太陽」で第45回新潮新人賞を受賞し、デビュー。2015年、「私の恋人」で第28回三島由紀夫賞を受賞。2016年、「Granta」誌の Best of Young Japanese Novelistsに選出。著書に『太陽・惑星』『私の恋人』『異郷の友人』がある。

ナビゲーター:山内宏泰(やまうち・ひろやす) ライター。文学・美術などの分野で執筆。著書に『文学とワイン』、『上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史』、『写真のプロフェッショナル』ほか。「文学ワイン会 本の音夜話」「写真を読む夜」などのイベントも主宰。

Book Bang編集部
2017年7月21日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加