テレビで何度も取り上げられる注目の一冊 「睡眠負債」が認知症・がんのリスクをあげている?!

ニュース

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月12日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、ビジネス書第1位は『スタンフォード式 最高の睡眠』が獲得した。
 第2位は『会社四季報 業界地図 2018年版』。第3位は『多動力』となった。

 『スタンフォード式 最高の睡眠』は3月の発売以来売れ続けるベストセラー。6月18日に放送されたNHKスペシャル「睡眠負債が危ない」や8月2日の「林修の今でしょ!講座」(テレビ朝日系)に著者の西野精治さんが出演し話題となった。また9月15日「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)でも取り上げられた。現在27万部を突破している。

 西野さんはスタンフォード大学の現役教授で睡眠研究の第一人者。西野さんは慢性的な睡眠不足が続くとアミロイドベータという“脳のごみ”が「睡眠負債」として蓄積し、将来的にガンや認知症のリスクがあがると解説する。同書では睡眠負債を解消するメソッドを科学的な裏付けとともに紹介し、読者は読んで実行するだけで眠りの質が高められる構造となっている。

1位『スタンフォード式 最高の睡眠』西野精治[著](サンマーク出版)

「睡眠研究のメッカ」スタンフォードの現役日本人教授が明かす、最新の科学的エビデンスに基づいた「究極の疲労回復」法とは?(サンマーク出版ウェブサイトより抜粋)

2位『会社四季報 業界地図 2018年版』東洋経済新報社[編](東洋経済新報社)

『会社四季報』の経済記者が、176業界・3960社を全力で取材・図解した『業界地図』の最新版。就活生の業界研究、ビジネスパーソンの顧客分析、投資家の銘柄発掘に役立つこと間違いなし!(東洋経済新報社ウェブサイトより抜粋)

3位『多動力』堀江貴文[著](幻冬舎)

堀江貴文のビジネス書の決定版!! 一つのことをコツコツとやる時代は終わった。これからは、全てのモノがインターネットに繋がり、全産業の“タテの壁”が溶ける。このかつてない時代の必須スキルが、あらゆる業界の壁を軽やかに飛び越える「多動力」だ。(幻冬舎ウェブサイトより)

4位『伝え方が9割』佐々木圭一[著](ダイヤモンド社)

5位『図解 モチベーション大百科』池田貴将[編著](サンクチュアリ出版)

6位『まんがでわかる 伝え方が9割』佐々木圭一[著]星井博文[シナリオ]大舞キリコ[作画](ダイヤモンド社)

7位『日経業界地図 2018年版』日本経済新聞社[編](日本経済新聞出版社)

8位『宝くじで1億円当たった人の末路』鈴木信行[著](日経BP社)

9位『大人の語彙力が使える順できちんと身につく本』吉田裕子[著](かんき出版)

10位『はじめての人のための3000円投資生活』横山光昭[著](アスコム)

〈単行本 ビジネス書ランキング 9月12日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2017年9月16日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加