生きることは問題だらけだ でも、進化はとてつもない解決策を生み出す

ニュース

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生きることは問題だらけだ。

仲間との競争あり、食べ物にありつけなければ明日はなく、絶えず敵に狙われ、もちろん愛のお相手も見つけなくちゃ……いま地球上に棲息している生きものは、こうした問題を、進化の途上で解決してきた「つわもの」揃いだ。

——(といっても、生きもの自らの意思によって解決したわけではなく、たまたま変異によってうまくいった結果なのだが)――その解決策には、人間から見ると実にオドロキで、奇想天外、恐怖と感涙と爆笑がともに襲ってくるようなものまである。

そんな独創的な進化を遂げた生物たちをマット・サイモン著『たいへんな生きもの:問題を解決するとてつもない進化』(インターシフト刊)の中から幾つかご紹介しよう。

食後の死骸を背にしょって

1710030700_1
サシガメ。餌食となったアリなどの体内を空にした後、じぶんの背中にその死骸を載せる。

サシガメというカメムシの一種は、獲物に近づき、長く突き出た口を突き刺す。
そして相手をマヒさせる毒を放って、その体液を飲む。
もちろん、獲物のほうも、そう簡単には近寄らせない。
そこで解決策となるのが、「敵のしょい込み」作戦である。
餌食となったアリなどの体内を空にした後、じぶんの背中にその死骸を載せる。
それも一匹だけではなく、次々と小山のように積み上げていくのだ。
こうして獲物のにおいを体につけると、獲物にこっそり近づけるようになる。
その姿は、子供が絶対に欲しがりそうにない最悪のプレゼント袋を背負った死のサンタのようにも見える……この種のなかには「キスする虫」と呼ばれる、人を襲うオオサシガメもいる。
文字通り、口のまわりを刺すことが多いためだが、そのとき寄生虫が体内に入り込むと、何十年もたってから発病する。
ちなみに、南米を旅していたダーウィンも刺されており、謎多い死因のひとつに挙げる学者もいる。

身を焦がす愛

1710030700_2
アンテキヌス。オスたちは繁殖期になると、モーレツにお相手を求めて、やりまくる。

身を焦がす愛……そんなめくるめく出会いをまさに実践している生きものがいる。
アンテキヌスという有袋類のオスたちだ。
オスたちは繁殖期になると、ホルモンの濃度が急上昇し、モーレツにお相手を求めて、なんというか、やりまくる。
大量のテストステロン(男性ホルモンの一種)によって糖が動員されるので、3週間にわたって食事が不要になり、まさに寝食を忘れて行為に没頭できるのだ。
しかし、同時にストレスホルモンであるコルチゾールも際限なく放たれ、やがて毛が抜け落ち、内出血して失明したあげく、死にいたる。
そう、完全に燃え尽き、昇天する!
いったいなぜ、それほど切なく激しい愛が運命づけられているのか?
そのわけは、メスのほうにあるらしい。
メスは生活環境の問題から、しっかり子育てをする解決策として、どうしても繁殖期を短くしなければならない。
そして、その短い期間に、できるだけ多くのオスと交わり、子どもを産みたいのだ。
こうなると、クジャクのメスのように、羽の美しいオスを選んでいる余裕などない。
とにかく来るもの拒まずで、やりまくる態勢をととのえている。
めでたく生まれた子どもたちには、だが、すぐに厳しい競争が待っている。
メスは乳首の数の3倍の子を産み、乳首の争奪戦が始まるのだ。
そして、この熾烈な戦いに勝った子どもだけが生き残る。
クジャクのように事前に優れた遺伝子(美しい羽のオス)を選ぶのではなく、事後に競わせて遺伝子を選別しているわけである。

ああ、たいへんな生きもの!!

インターシフト
2017年10月3日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

インターシフト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社インターシフトのご案内

自分たちが面白いと感動できる本だけをこつこつと作っています。モットーは「世界が変わる本を世界から」!