「最後はお客さんに嫌われて終わりたい」 舞台「マリアビートル」公開リハーサル

映像化

89
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 伊坂幸太郎原作の舞台「マリアビートル」が、全労済ホール/スペース・ゼロにて、本日14日(木)に初日を迎えた。公演に先立ち、13日(水)に、公開リハーサルの囲み取材が行われた。

 本作は、個性的な殺し屋たちが登場し、日常の裏側で、組織や殺し屋たちが交錯する伊坂幸太郎の人気シリーズ。これまでに『グラスホッパー』『マリアビートル』『AX』の3作が刊行されている。

 酒浸りの元殺し屋「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた悪魔のような中学生「王子」に復讐するため、東京発盛岡行きの東北新幹線〈はやて〉に乗り込む。片や同車両には人質と身代金を盛岡まで護送する二人組の殺し屋「蜜柑」と「檸檬」は、車中で人質を何者かに殺され、また身代金の入ったトランクも紛失してしまう。そして、その身代金強奪を指示された、ことごとくツキのない殺し屋「七尾」が車内で交錯するストーリー。

 囲み取材には、七尾役の平野良や王子慧役の坂口湧久、蜜柑役の小沼将太、檸檬役の碕理人、鈴木役の若宮亮、女性車内販売員役の中村裕香里、車掌役の深澤恒太、狼役の山本侑平の出演者全員が参加した。

舞台「マリアビートル」公開リハーサルより

 七尾役の平野良は「もともと小説が大好き。舞台でやりたいという思いが強かったので実現できるのはうれしい。小説を読んだ時の躍動感、おもしろさ、考えさせられる内容を表現できたら」と喜びを表し、自身が演じる七尾役について「ピリッとした殺し屋というこわい世界観の中で、ついていない、ほんわかしている役。いいクッションになれれば」とコメントした。

舞台「マリアビートル」公開リハーサルより

 中学生・王子慧役の坂口湧久は「中学生でありながら、人を殺したり、大人をコントロールしたりすることを楽しんでいる役。本番でも大人をコントロールしながら、楽しみながらやりたい(笑)。悪役なので、最後はお客さんに嫌われて終わりたいなと思っています」と抱負を述べた。

 また、小説を原作とした舞台に出演するのは初めてと明かした元殺し屋・木村役の谷口賢志は「みんなで小説を読んでキャラクターを膨らませていく稽古場は楽しかった」と振り返り、「常日頃、年がら年中、毎日のように人や怪物などを殺している作品に出演していることが多い。今回は、自分より二回り半も若い、湧久くんに1時間半ずっといじめられるという役。そこが見どころかなと新しい谷口賢志を見せられたらと思います。一生懸命いじめられたいと思います」と意気込みを語った。

舞台「マリアビートル」公開リハーサルより

 そのほか、七尾に仕事を紹介する真莉亜役の福圓美里が「平野さんには稽古で引っ張っていただいた。大人っぽい役ははじめて。どういう風に仕事の指示をだしていくのがいいのか、模索しながらやってきた」とコメントし、殺し屋・蜜柑役の小沼将太は「切れ者で冷静沈着で、自身とはかけはなれている役。それを稽古から考えながらやってきた。まだまだ勉強。蜜柑と檸檬のコンビ感、かけあいが見どころ。楽しくできたら」と語り、殺し屋・檸檬役の碕理人は「蜜柑と檸檬は、ユニークなキャラクターの二人組。本人同士は、本当は檸檬と蜜柑の配役は逆じゃないかと思っています。おぬ(小沼)の天然なところが檸檬っぽいなと。演じるのは逆なので、檸檬と蜜柑は素敵だなと思っていただけるように頑張りたい」と抱負を述べた。

舞台「マリアビートル」公開リハーサルより

 また、車内販売の女役の中村裕香里は「湧久くんが『嫌われるように』と言っていましたが、私は好かれるようがんばりたい」、車掌役の深澤恒太は「小説では数ページしか登場しませんが、舞台では何度か登場します。この時に、車掌が何を考えているのかな、こういう風につながっているんだな、というのを見ていただけたら」、狼役の山本侑平は「狼がラッキー、ハッピーになるほど、七尾が不幸な部分が目立つと思う。もっともっと七尾を不幸にさせていきたい」、鈴木役の若宮亮は「『グラスホッパー』にも登場する役。『グラスホッパー』『マリアビートル』の原作ファンの方にも楽しんでいただきたい」とそれぞれ舞台への熱意を語った。

舞台「マリアビートル」公開リハーサルより

 舞台「マリアビートル」は、2月14日(水)から18日(日)まで上演。平夜公演にはキャストによるアフタートークショーも行われる。当日券は全ステージ販売予定で、詳細はamiproホームページ(http://www.39amipro.com/)、または公式Twitterにて告知される。

公演概要
■作品名
舞台「マリアビートル」
■日程
2018年2月14日(水)〜18日(日)
■劇場
全労済ホール/スペース・ゼロ(東京都渋谷区代々木 2-12-10 全労済会館 1階)
■原作
伊坂幸太郎『マリアビートル』(KADOKAWA)
■キャスト
平野良/坂口湧久/小沼将太/碕理人/若宮亮/山本侑平/中村裕香里/深澤恒太/福圓美里/谷口賢志
■演出
元吉庸泰
■脚本
太田守信
■プロデューサー
網飛鳥
■企画
朴亜由美
■企画・製作
amipro

アフタートークショー
MC:若宮亮
14日(水)19:00 平野良、中村裕香里、福圓美里、谷口賢志
15日(木)14:00 平野良、坂口湧久、小沼将太、谷口賢志
19:00 小沼将太、碕理人、中村裕香里、福圓美里
16日(金)19:00 平野良、碕理人、山本侑平、深澤恒太

2018年2月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加