「よつばと!」2年5ヶ月ぶりの新刊が1位【コミックスベストセラー】

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月8日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『よつばと!(14)』が獲得した。
 第2位は『食戟のソーマ(29)』。第3位は『ブラッククローバー(16)』となった。

 1位の『よつばと!(14)』は2年5ヶ月ぶりの新刊。SNSには新刊を待ちわびていた読者たちから「しあわせすぎる」「これであと二年は頑張れる」等絶賛の声があがっている。3位の『ブラッククローバー(16)』は初の公式ガイドブックとなる16.5巻『魔導書の栞』も同日発売となっている。キャラクターデータや作者の田畠さんへのインタビュー、Q&A、読切版「ブラッククローバー」も収録されている。

1位『よつばと!(14)』あずまきよひこ[著](KADOKAWA)

5歳の少女・よつばと、とーちゃんやご近所さんたちとの日常を描いた大人気コミック、待望の14巻が登場! 「よつばとしごと」「よつばとおひめさま」など、いつもの楽しい毎日を描いたエピソードに加え、なんとよつばが東京を訪れるエピソードも収録! 満員電車に乗ったり、原宿を歩いたり、豪華なランチを食べたり、ちょっぴり特別な時間を過ごすよつばととーちゃん。さらに初登場の人物も?(KADOKAWAウェブサイトより)

2位『食戟のソーマ(29)』附田祐斗[原作]佐伯俊[作画]森崎友紀[協力](集英社)

迎える4th BOUT!! 薙切えりなが出陣!! “スイーツの女王”茜ヶ久保もものカワイイ料理に対し、“氷の女王”たるえりなが披露する“埒外”の一皿とは…!? さらに一色とタクミも、最強の十傑、司と竜胆に挑む!!(集英社ウェブサイトより)

3位『ブラッククローバー(16)』田畠裕基[著](集英社)

『白夜の魔眼』の襲撃を受けたゴーシュ達は、ヘンリーの活躍で形勢逆転のチャンスを得るが、果たして…。一方、ヴァンジャンスに不信感を募らせるヤミが面会を待つ中、ヴァンジャンスは王都にて魔法帝と対峙していた。そして、王国全体に混沌をもたらす衝撃の事件が起こる──!!(集英社ウェブサイトより)

4位『BORUTO -ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS(5)』池本幹雄[著]小太刀右京[脚本]岸本斉史[原作・監修](集英社)

5位『思い、思われ、ふり、ふられ(8)』咲坂伊緒[著](集英社)

6位『キングダム(50)』原泰久[著](集英社)

7位『進撃の巨人(25)』諫山創[著](講談社)

8位『異世界居酒屋「のぶ」(6)』ヴァージニア二等兵[著]蝉川夏哉[原作]転[キャラクター原案](KADOKAWA)

9位『七つの大罪(31)』鈴木央[著](講談社)

10位『ぼくたちは勉強ができない(6)』筒井大志[著](集英社)

〈コミックスランキング 5月8日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2018年5月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加