「おっさんずラブ」公式ブック ベストセラーランキング2位に躍進

ニュース

946
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「おっさんずラブ」(テレビ朝日公式ホームページより)

 8月14日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、単行本 ノンフィクション・教養書他第1位は『大家さんと僕』が獲得した。
 第2位は『土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」公式ブック』。第3位は『清原和博 告白』となった。

 2位の『土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」公式ブック』はこの春放送されたテレビ朝日の深夜ドラマ「おっさんずラブ」の公式ガイドブック。放送終了後に公式ブックの発売決定が報じられると、予約だけでネット書店の売り上げランキング1位を獲得するなど一種の社会現象を巻き起こした。

 発売後も大きく売上を伸ばし、先週9位に初登場後、今週は大きくランクアップ。10月に発売予定の『おっさんずラブ シナリオブック』(一迅社)にも期待が膨らむ。

1位『大家さんと僕』矢部太郎[著](新潮社)

1階には大家のおばあさん、2階にはトホホな芸人の僕。挨拶は「ごきげんよう」、好きなタイプはマッカーサー元帥(渋い!)、牛丼もハンバーガーも食べたことがなく、僕を俳優と勘違いしている……。一緒に旅行するほど仲良くなった大家さんとの“二人暮らし”がずっと続けばいい、そう思っていた――。泣き笑い、奇跡の実話漫画。(新潮社ウェブサイトより)

2位『土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」公式ブック』テレビ朝日[監修](文藝春秋)

ある日、僕は部長に告白された-史上最高の純愛ドラマ降臨! ダメ男春田にモテ期到来?乙女なおっさん部長とドSイケメン後輩に告白されるも二人は男性で…。胸キュン必至、話題沸騰ドラマ公式本。(文藝春秋ウェブサイトより)

3位『清原和博 告白』清原和博[著](文藝春秋)

「自分の人生を振り返って、どこからおかしくなったのかとか、狂い始めたんだろうとか。苦しかったですね……」 覚醒剤取締法違反で逮捕されてから2年。栄光と転落の半生と、自らの罪を悔いながら、鬱病、薬物依存とたたかう日々を赤裸々に綴る。(文藝春秋ウェブサイトより)

4位『漫画 君たちはどう生きるか』吉野源三郎[原作]羽賀翔一[画](マガジンハウス)

5位『片寄涼太ファースト写真集 グッバイ、ホワイト』片寄涼太[著](KADOKAWA)

6位『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365』デイヴィッド・S・キダー[著]ノア・D・オッペンハイム[著]小林朋則[訳](文響社)

7位『俺、つしま』おぷうのきょうだい[作](小学館)

8位『キミのお金はどこに消えるのか』井上純一[著]飯田泰之[監修](KADOKAWA)

9位『君たちはどう生きるか』吉野源三郎[著](マガジンハウス)

10位『乃木坂46写真集 乃木撮 VOL.01』乃木坂46[著](講談社)

〈単行本 ノンフィクション・教養書他ランキング 8月14日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2018年8月18日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加