「とんがり帽子のアトリエ」限定版がプレミア価格に 付属のカードゲームが好評[コミックスベストセラー]

ニュース

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月28日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『とんがり帽子のアトリエ(5)』が獲得した。
 第2位は『寄宿学校のジュリエット(13)』。第3位は『僕のヒーローアカデミア(23)』となった。

 1位の「とんがり帽子のアトリエ」は書店員からも高い評価を受けている王道魔法ファンタジー。日本のみならず海外でも高く評価されており、フランスではパリ市内の図書館利用者の投票で決まる漫画賞「Les Mordus du Manga」の8~12歳の部門で2018年ベストに選出され、2019年ジャパンエキスポでは漫画部門の最高賞「Daruma d’or manga」を受賞。またスペインのバルセロナで行われた漫画祭「2018 Salon del Manga」では青年部門で最優秀賞を獲得している。

 5巻はオリジナルのカードゲームが付属する限定版も発売されている。ゲームの内容は名作カードゲーム「ラブレター」をもとに「とんがり帽子のアトリエ」の世界観を再現した新ルールバージョン。カードには作者の白浜鴎さんが描き下ろしたイラストがたっぷりと使用されている。本家「ラブレター」も多数のバージョンがあるが、今作はコレクターからも評判が高く、ネット書店ではすでにプレミアがつくほどの人気となっている。

1位『とんがり帽子のアトリエ(5)』白浜 鴎[著](講談社)

魔法使いを目指すことになった「普通のひと」のココ。同じアトリエで魔法を学ぶアガットとリチェが「第2の試験」を受けているところに、禁止魔法を使う「つばあり帽」の妨害が入る。ココも巻き込まれ、師匠のキーフリーは深手の傷を負ってしまう。そして、「つばあり帽」がココを付け狙う真意が、ついに語られる……。海外でも大人気の、王道魔法ファンタジー第5巻!(講談社ウェブサイトより)

2位『寄宿学校のジュリエット(13)』金田陽介[著](講談社)

秘密の恋人同士、犬塚とペルシアの目標は、監督生代表になり、黒犬の寮と白猫の寮の壁をなくすこと。しかし、迎えた監督生選抜選挙投票日、当日、狗神玲音の策略が2人の願いを打ち砕く。2人が恋人同士だという事実を決定的な証拠と共に全校生徒に突きつけた。学園に響く怒号、貼り付けられた裏切り者のレッテル、世界が2人を拒絶する。(講談社ウェブサイトより)

3位『僕のヒーローアカデミア(23)』堀越耕平[著](集英社)

ヤバイヤバイ、なんかヤバイぜ緑谷の新技! 黒いの出してから、様子おかしいって! うおっ!? 他の奴らも集まって来てんじゃん。全員の”個性”入り乱れての大乱戦! 合同訓練最終戦、どっちが勝つんだよ!? ”Plus Ultra”!!(集英社ウェブサイトより)

4位『来世は他人がいい(3)』小西明日翔[著](講談社)

5位『幼女戦記(14)』東條チカ[漫画]カルロ・ゼン[原作]篠月しのぶ[キャラクター原案](KADOKAWA)

6位『彼女、お借りします(10)』宮島礼吏[著](講談社)

7位『コレットは死ぬことにした(13)』幸村アルト[著](白泉社)

8位『アルスラーン戦記(11)』荒川 弘[漫画]田中芳樹[原作](講談社)

9位『恋と弾丸(2)』箕野希望[著](小学館)

10位『BE BLUES!~青になれ~(35)』田中モトユキ[著](小学館)

〈コミックスランキング 5月28日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2019年6月1日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加