読書芸人カズレーザーもオススメ 『ケーキの切れない非行少年たち』

ニュース

7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


非行少年が三等分したケーキの図

 10月23日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、新書第1位は『ケーキの切れない非行少年たち』が獲得した。
 第2位は『一切なりゆき 樹木希林のことば』。第3位は『上級国民/下級国民』となった。

『ケーキの切れない非行少年たち』は先週から2週連続の1位。犯罪を何度も繰り返す非行少年は認知機能に問題がある場合が多く、単純な図形の模写や表題ともなっている「ケーキを均等に切る」ことさえも難しいという。彼らを支援し、認知機能トレーニングを行うことで少年犯罪を減らすことができると提言した一冊。

 9月22日に放送された日本テレビ系バラエティ番組「シューイチ」で取り上げられ大きな話題に。読書芸人として知られるカズレーザーさんが神保町の書店を訪ね、おすすめ書籍として同書を紹介した。またカズレーザーさんは『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 現代編』(文響社)も絶賛。同じく読書芸人として出演した光浦靖子さんは『地球星人』村田沙耶香[著](新潮社)、『熱帯』森見登美彦[著](文藝春秋)を勧めた。

■新書 ノンフィクションランキング

1位『ケーキの切れない非行少年たち』宮口幸治[著](新潮社)

児童精神科医である筆者は、多くの非行少年たちと出会う中で、「反省以前の子ども」が沢山いるという事実に気づく。少年院には、認知力が弱く、「ケーキを等分に切る」ことすら出来ない非行少年が大勢いたが、問題の根深さは普通の学校でも同じなのだ。人口の十数%いるとされる「境界知能」の人々に焦点を当て、困っている彼らを学校・社会生活で困らないように導く超実践的なメソッドを公開する。(新潮社ウェブサイトより)

2位『一切なりゆき 樹木希林のことば』樹木希林[著](文藝春秋)

芝居の達人、人生の達人 今年、惜しくも世を去った名女優が語り尽くした生と死、演技、男と女。それはユーモアと洞察に満ちた樹木流生き方のエッセンスです。(文藝春秋ウェブサイトより)

3位『上級国民/下級国民』橘玲[著](小学館)

バブル崩壊後の平成の労働市場が生み落とした多くの「下級国民」たち。彼らを待ち受けるのは、共同体からも性愛からも排除されるという“残酷な運命”。一方でそれらを独占するのは少数の「上級国民」たちだ。(中略)ベストセラー『言ってはいけない』シリーズも話題の人気作家・橘玲氏が、世界レベルで現実に進行する分断の正体をあぶり出す。(小学館ウェブサイトより抜粋)

4位『この世を生き切る醍醐味』樹木希林[著](朝日新聞出版)

5位『ラグビー知的観戦のすすめ』廣瀬俊朗[著](KADOKAWA)

6位『自分のことは話すな 仕事と人間関係を劇的によくする技術』吉原珠央[著](幻冬舎)

7位『韓国、ウソの代償 沈みゆく隣人と日本の選択』高橋洋一[著](扶桑社)

8位『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』橋下徹[著](PHP研究所)

9位『新版 知らないと損する池上彰のお金の学校』池上彰[著](朝日新聞出版)

10位『妻のトリセツ』黒川伊保子[編著](講談社)

■新書 ノベルスランキング

1位『鬼滅の刃 片羽の蝶』吾峠呼世晴[原作]矢島綾[著](集英社)

2位『鬼滅の刃 しあわせの花』吾峠呼世晴[原作]矢島綾[著](集英社)

3位『創竜伝(14)月への門』田中芳樹[著](講談社)

4位『蒼洋の城塞(2)豪州本土強襲』横山信義[著](中央公論新社)

5位『NARUTO-ナルト- ナルト烈伝 うずまきナルトと螺旋の天命』岸本斉史[原作]江坂 純[著](集英社)

6位『十津川警部 阪急電鉄殺人事件』西村京太郎[著](祥伝社)

7位『ブラッククローバー ユノの書』田畠裕基[原作]ジョニー音田[著](集英社)

8位『劇場版 ONE PIECE STAMPEDE』尾田栄一郎[原作]浜崎達也[著]冨岡淳広、大塚隆史[劇場版脚本](集英社)

9位『ONE PIECE novel A(2) 新世界篇』尾田栄一郎[原作]浜崎達也[著](集英社)

10位『天空の鏡 警視庁捜査一課十一係』麻見和史[著](講談社)

〈新書 ノンフィクション / 新書 ノベルス ランキング 10月23日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2019年10月26日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加