「また菅田将暉さんの整が見られる!」「ミステリと言う勿れ」映画化決定&最新12巻が発売 風呂光刑事も活躍![コミックスベストセラー]

ニュース

36
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月17日トーハンの週間ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『ミステリと言う勿れ 12』が獲得した。
 第2位は『チェンソーマン 13』。第3位は『夏目友人帳 29』となった。

 1位の『ミステリと言う勿れ 12』は田村由美さんによる新感覚ミステリマンガの最新巻。天然パーマの大学生・久能整が難事件を前に淡々と語り、事件の真相とその裏に潜む人の心を解きほぐしていく。2022年1月にテレビドラマ化され、主人公・整を菅田将暉さんが演じ、大きな話題となった。最新12巻では、漫画版ではあまり活躍していないもドラマ版では伊藤沙莉さんが演じ、ヒロイン役ともなった風呂光聖子刑事が巻き込まれた事件が描かれる。また先ごろ2023年秋公開の映画版の制作が発表された。田村さんは映画公式サイトで《また菅田将暉さんの整が見られる…!こんな嬉しいことはないです。ただただ楽しみで楽しみで、そう思えることが幸せです。ドラマも素晴らしかったです。菅田さんはじめキャストの皆さんの演技への取り組み、その表現、爆発力、そしてそれを支えるスタッフの皆さんの渾身の力と技と集中力。すごいものを見せていただきました。それがまた再び!来年の秋をワクワクして待ちます!整をよろしくお願いいたします!》とコメントしている。

1位『ミステリと言う勿れ 12』田村由美[著](小学館)

観察力の高さゆえに、トラブルや事件に巻き込まれがちな大学生・久能整。ある日、とある事件で整を取り調べたことのある刑事・風呂光のもとに不穏な知らせが届き…!?新たな謎が浮かび上がる新エピソード、開幕!(小学館ウェブサイトより)

2位『チェンソーマン 13』藤本タツキ[著](集英社)

チェンソーマンだとバレたくて仕方がないデンジ。その欲求は、監視を続ける吉田をものともせず…!?一方、負傷したユウコの見舞いに訪れたアサ。仲を深める2人は、”秘密”を告白し合うことになるが!?悪魔が来たりて、少女たちの友情は地獄絵図と化す!!(集英社ウェブサイトより)

3位『夏目友人帳 29』緑川ゆき[著](白泉社)

いとこの「美弦」と名乗る女妖の幻術にかけられていた名取。明らかになる名取家の秘密。女妖を退治しようとする名取に対し、夏目は…?田沼と共に出かけた先で元女優が開くサロンに参加する事になった夏目。招待客と「降妖術」に参加するが!?あやかし契約奇談第29巻!(白泉社ウェブサイトより)

4位『呪術廻戦 21』芥見下々[著](集英社)

5位『極主夫道 11巻』おおのこうすけ[著](新潮社)

6位『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編- 8』和月伸宏[著]黒碕薫[ストーリー協力](集英社)

7位『ハクメイとミコチ 11巻』樫木祐人[著](KADOKAWA)

8位『WIND BREAKER(10)』にいさとる[著](講談社)

9位『舞妓さんちのまかないさん 22』小山愛子[著](小学館)

10位『なのに、千輝くんが甘すぎる。(8)』亜南くじら[著](講談社)

〈コミックスランキング 1月17日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2023年1月21日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加