人間国宝の家元が綴る、男子禁制の舞、花街の宝

レビュー

13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京舞つれづれ

『京舞つれづれ』

著者
井上 八千代 [著]
出版社
岩波書店
ISBN
9784000611640
価格
3,240円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

人間国宝の家元が綴る、男子禁制の舞、花街の宝

[レビュアー] 成毛眞(書評サイト〈HONZ〉代表)

 著者は京舞井上流のお家元、五世井上八千代さんだ。一昨年、歌舞伎俳優の十五代目片岡仁左衛門さんらとともに、58歳の若さで人間国宝に認定された。

 井上流とは上方舞の一流派なのだが、京都五花街の筆頭、祇園甲部の「御留流」である。祇園甲部では他流派の舞踊は許されず、また祇園甲部より外では井上流の教授は行われない。すなわち男子禁制である。

 花柳流が全国2万名を超える門弟を誇るのに対し、井上流はわずか100名弱の芸舞妓と、座敷で彼女らの舞を愛でる男たちを観客とする小体(こてい)な流派だということもできる。

 享保年間から今にいたるまで300年間、祇園町は上方のお大尽、幕末の志士、戦後の財界人などにとって、もっとも格式の高い社交場であり続けた。それゆえに井上流の舞は、国内のいかなる流派や花街とも距離をおいた凛とした佇まいを持つようになったのかもしれない。

 本書は自身の生い立ちや、舞のなんたるかを後世に伝えるべく、お家元みずからの言葉で書き綴ったお宝だ。いまどき珍しい函入りの本で、美しく装丁された上製本だから、粋人であれば是非にも書棚にいれておきたい一冊だ。

「踊りが散文的なのに対して、舞は詩的であり、かつ私的」

「膝を曲げて御居処を下ろす(略)そしてうしろの足の踵を上げる」

 伝統芸能を楽しむうえで、道標となるような言葉を発見するのも楽しみだ。舞を鑑賞するときには「間」を楽しむがごとく、「行間」を味わうことこそ本書の醍醐味である。

 能、狂言、文楽などは僅かではあるものの公的補助を得ているのにくらべ、花街の伝統芸能はあくまでも客商売。それゆえに、お座敷で散財する男たちだけでなく、本書の読者も花街の担い手である。300年続いた文化を我々の時代で絶やしてはならないとつくづく思うのだ。

新潮社 週刊新潮
2017年1月12日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加