【児童書】『てをつなぐ』鈴木まもる作・絵 構想30年、たどり着いた形

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

てをつなぐ

『てをつなぐ』

著者
鈴木 まもる [著、イラスト]
出版社
金の星社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784323024646
発売日
2017/08/31
価格
1,404円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【児童書】『てをつなぐ』鈴木まもる作・絵 構想30年、たどり着いた形

[レビュアー] 三保谷浩輝

 「ぼくは かあさんと てを つないだ かあさんは いもうとと てを つないだ いもうとは…」。「てを つなぐ」は家族を飛び出し、広がっていく。

 しんぶんやさんやおまわりさん、ほんやさんなど、さまざまな仕事の人から、100以上の国・地域の人々(あの歴史的アーティストも登場)、さらにいろいろな生きものたち(鼻や尾の場合もあり)。

 つないだ手は、めぐりめぐって「ぼく」のところに戻ってくるが、隣にはだれもいない。「おーい だれか きてー」と呼び…。

 作者が「色々違いがあっても、皆地球の上で生きているのは同じ」ということを絵本で表現したいと思ったのが約30年前。以来、試行錯誤を繰り返し、今回「『おなじ行動』-てを つなぐ-でつながることで一緒に生きていける」形にたどり着いたという。

 誰かが隣にいてくれるから手をつなげる。その喜びや、あたたかさが、描かれている人、生きものすべての表情から伝わってくる。さあ、あなたも-。(金の星社・1300円+税)

 三保谷浩輝

産経新聞
2017年10月29日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加