九十八歳になった私 [著]橋本治

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

九十八歳になった私

『九十八歳になった私』

著者
橋本 治 [著]
出版社
講談社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784062209144
発売日
2018/01/12
価格
1,728円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

九十八歳になった私 [著]橋本治

[レビュアー] 週刊新潮

舞台は2046年、大震災後の東京だ。主人公の「橋本治」は元小説家にして98歳の独居老人。50代の編集者や自分自身を相手に「記憶が執着心と共に消えて行くな」「希望は幻想だよ」などと呟く様子は日頃の著者を思わせる。近未来予測私小説とでも言えそうだ。

新潮社 週刊新潮
2018年3月1日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加