『ヴェノナ 解読されたソ連の暗号とスパイ活動』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴェノナ 解読されたソ連の暗号とスパイ活動

『ヴェノナ 解読されたソ連の暗号とスパイ活動』

著者
ジョン・アール・ヘインズ [著]/ハーヴェイ・クレア [著]/中西 輝政 [監修]/山添 博史 [訳]/佐々木 太郎 [訳]/金自成 [訳]
出版社
扶桑社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784594083076
発売日
2019/09/26
価格
2,750円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『ヴェノナ 解読されたソ連の暗号とスパイ活動』

[レビュアー] 産経新聞社

 先の大戦で「日本=悪玉」だったという東京裁判史観が現在も国際社会を覆い尽くしている。韓国が“徴用工”や慰安婦問題で横紙破りの訴えをして恥じないのもそのせい、であろう。

 本書は、1995年に米国で公開された「ヴェノナ文書」を読み解いてゆく。大戦中のソ連(当時)によるスパイ活動を暴いたもので、工作は米ルーズベルト政権の中枢にまで及んでいた。不可能とされたソ連の暗号解読に成功した米国の防諜能力に驚かされるとともに、戦争とは国益の激突であり、悪玉・善玉など恣意(しい)的なプロパガンダにすぎないことを教えてくれる。(ジョン・アール・ヘインズ、ハーヴェイ・クレア著 中西輝政監訳/扶桑社・2500円+税)

産経新聞
2019年11月24日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加