【気になる!】文庫 『乳母車/最後の女 石坂洋次郎傑作短編選』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳母車・最後の女 石坂洋次郎傑作短編選

『乳母車・最後の女 石坂洋次郎傑作短編選』

著者
石坂 洋次郎 [著]/三浦 雅士 [編集]
出版社
講談社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784065186022
発売日
2020/01/12
価格
2,090円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】文庫 『乳母車/最後の女 石坂洋次郎傑作短編選』

[レビュアー] 産経新聞社

 戦前、戦後に流行作家として活躍し、約70作が映画化もされた石坂洋次郎。代表作には長編小説『青い山脈』『若い人』などもあるが、編者は「短編小説の妙手でもあった」と評す。

 『乳母車』は、父に愛人と子供までいることを知った女子大生の苦悩と愛を描き、編者いわく、「神業というか、とにかく天才的とでもいうほかない展開」で引き込む。意表をつく設定で、まるでおとぎ話のような『最後の女』にも魅了される。本書収録の9編で、奥深い石坂文学の一端が味わえるはずだ。(石坂洋次郎著、三浦雅士編、講談社文芸文庫・1900円+税)

産経新聞
2020年2月16日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加