『性と芸術』会田誠著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

性と芸術

『性と芸術』

著者
会田 誠 [著]
出版社
幻冬舎
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784344039834
発売日
2022/07/21
価格
1,760円(税込)

書籍情報:openBD

『性と芸術』会田誠著

[レビュアー] 産経新聞社

現代美術家、会田誠が東京芸大大学院生だった23歳のときに描いた作品「犬」。裸体の少女をモチーフにした絵画は、その残虐な表現から、森美術館での個展(平成24年)の際に市民団体の抗議を受けるなど、ソーシャルメディア上も含めて再三物議を醸してきた。本書はそんな問題作を、作者自ら「全解説」するという試みだ。

制作意図や手法を、当時の美術・サブカルチャー動向、自らの心境も含め、詳細に明かしている。現代美術である以上、表層の表現だけでなく、込められた批評性も含めて評価されるべきだろう。その上で現代における性と芸術について考えたい。(幻冬舎・1760円)

産経新聞
2022年9月18日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加