『震災編集者 東北のちいさな出版社〈荒蝦夷〉の5年間』土方正志著

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

震災編集者

『震災編集者』

著者
土方 正志 [著]
出版社
河出書房新社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784309024462
発売日
2016/02/24
価格
1,728円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『震災編集者 東北のちいさな出版社〈荒蝦夷〉の5年間』土方正志著

[レビュアー] 産経新聞社

 全国で噴火や津波の被災地を取材してきた編集者だが、東日本大震災では自らが被災者となった。被災地で本を編みながら、新聞や雑誌などに執筆してきた原稿を時系列にまとめた。当事者ならではの視点と言葉に何度もハッとさせられる。たとえば地元の未来について語るこんな独白。〈知らなければならない。考えなければならない。だが、底なしに続く《復興》の長丁場を思えば、しんどくもなる〉。あるいは「震災文学」についてのこんな一節。〈被災地を生きる作家たちの作品の場合、あの日からの確かな記憶は語られぬ行間にこそある〉(河出書房新社・1600円+税)

産経新聞
2016年3月13日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加