西きょうじ特別講義 「そもそも、私たちが生きているのは『たまたま』である」

イベント

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 代々木ゼミナールで28年、2015年から東進ハイスクールで英語を教える西きょうじさんは、30年にわたって教壇に立ち続け、カリスマ講師と呼ばれてきました。教えた生徒の数は、延べで20万人以上になります。

 多くの生徒たちを魅了したのは、その核心を突いた英語の講義もさることながら、途中に挟まれる「雑談」の面白さでもありました。

 古今東西、縦横無尽に繰り広げられる、一見無関係に思える話題が、最終的に論理的に組み上がっていく。

 最先端の理系知識が、卑近な例によって身近なことに感じられる。 

 知識を得る喜びと、そこから考えることの楽しさが存分に味わえる。

 そんな知的好奇心を刺激するトークのエッセンスが詰まった本、『そもそも つながりに気付くと未来が見える』が刊行されるのを記念して、トーク&サイン会を開催します。

 最先端の教養と、無敵の雑談力が融合した、魔法のような話術をお楽しみ下さい!

※トーク(19:00~20:00)後に、西きょうじさんのサイン会を行います。サイン会の整理券は入場時に配布し、整理券の順番でサイン会にご案内いたします。
※サインの対象となる書籍は『そもそも つながりに気付くと未来が見える』(新潮社)です。書籍は当日会場でも販売いたしますが、既に購入されている方は、ご持参いただいた本にサインします。
※ご購入いただいたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。
※開場は開演の30分前です。

■日時:2017年5月10日(水) 19:00~20:00
■会場:la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko
■参加方法:https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01gntzyu0d7n.html

西きょうじ(にし・きょうじ)
1963年生まれ。東進ハイスクール講師。30年にわたって予備校で英語を教え、教えた生徒は、延べ20万人以上になる。『ポレポレ英文読解プロセス50』など参考書のベストセラー多数。精緻な英語の講義はもちろん、授業中に挟まれる知的好奇心を刺激する雑談も絶大な支持を誇る。近年は一般書の執筆にも精力的で、『情報以前の知的作法 踊らされるな、自ら踊れ』(講談社)、津田大介氏との共著『越境へ。』(亜紀書房)、『仕事のエッセンス』(毎日新聞出版)などがある。

2017年5月2日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ニュース