『ファイブスター物語』物議を醸した13巻から二年半 14巻が発売

ニュース

5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月14日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『HUNTER×HUNTER(35)』が獲得した。
 第2位は『ハイキュー!!(30)』。第3位は『僕のヒーローアカデミア(17)』となった。

 4位以下で注目は8位にランクインした『ファイブスター物語(14)』。永野護さんの人気SF漫画の最新巻だ。1986年にはじまった物語は前巻から大幅な設定の変更が行われた。大長編の途中でデザインや設定が一新されるという、まさにロックな展開は大きな話題となり、同時に物議を醸した。リブートとも言える13巻から2年半で14巻の発売となった。

 連載誌でもある月刊ニュータイプ2018年3月号ではファイブスター物語の特集が行われ、作者の永野護さんのインタビューも掲載されている。またB2ポスターも付属する。

1位『HUNTER×HUNTER(35)』冨樫義博[著](集英社)

船内で念獣が動き出しクラピカ達を襲う。警護の大部分を失う中、3人の王子から連絡が。一体どの王子との接触が王子の生存への道なのか!? そして各王子の計略が入り乱れる中、王子の中から犠牲が!?(集英社ウェブサイトより)

2位『ハイキュー!!(30)』古舘春一[著](集英社)

“最強の挑戦者”稲荷崎を相手に奮闘する烏野! 均衡を破り第1セットのセットポイントを得るが、一人調子の上がらない田中が狙われる!! 圧を増す角名のブロックに募りゆく焦燥感、かつてない苦境に田中は──!?(集英社ウェブサイトより)

3位『僕のヒーローアカデミア(17)』堀越耕平[著](集英社)

暗い路地裏で、震えながら去っていく君に何もしてあげられなかったことを後悔した。…自分が弱いことなんて分かってるさ。でも、もう決して悲しませない! エリちゃん! 俺が君のヒーローになる! “Plus Ultra”!!(集英社ウェブサイトより)

4位『ヲタクに恋は難しい(5)』ふじた[著](講談社・一迅社)

5位『食戟のソーマ(28)』附田祐斗[原作]佐伯俊[作画]森崎友紀[協力](集英社)

6位『MIX(12)』あだち充[著](小学館)

7位『終末のハーレム(5)』宵野コタロー[著]LINK[原作](集英社)

8位『ファイブスター物語(14)』永野護[著](KADOKAWA)

9位『からかい上手の高木さん(8)』山本崇一朗[著](小学館)

10位『ダーリン・イン・ザ・フランキス(1)』矢吹健太朗[著]Code:000[原作](集英社)

〈コミックスランキング 2月14日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2018年2月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加