米澤穂信『満願』がTVドラマ化決定 主演は西島秀俊、安田顕、高良健吾

映像化

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米澤穂信のミステリー小説『満願』のTVドラマ化が決定、NHK総合テレビにて3夜連続で放送される。

 ドラマは『満願』に収録された「万灯」「夜警」「満願」の3作品が映像化され、「万灯」では西島秀俊、「夜警」では安田顕、「満願」では高良健吾が主演を務める。放送日は8月14、15、16日の夜10時を予定している。

 原作の『満願』は、鮮やかな幕切れに真の動機が浮上する表題作をはじめ、恋人との復縁を望む主人公が訪れる「死人宿」、美しき中学生姉妹による官能と戦慄の「柘榴」、ビジネスマンが最悪の状況に直面する息詰まる傑作「万灯」他、「夜警」「関守」の全6篇を収録したミステリー作品。2014年に山本周五郎賞を受賞したほか、「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリー・ベスト10」「ミステリーが読みたい」において1位となり、史上初のミステリーランキング3冠に輝いている。

ドラマ概要
■放送予定
2018年8月14日(火)、15日(水)、16日(木)
総合 よる10時から10時59分
■出演
西島秀俊(第1夜「万灯」)/安田顕(第2夜「夜警」)/高良健吾(最終夜「満願」)
■原作
米澤穂信『満願』

2018年6月25日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加