山口恵以子「食堂のおばちゃん」シリーズの第5弾がスタート

リリース

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ランティエ」(2018年9月号)
「ランティエ」(2018年9月号)

 8月1日(月)に発売した角川春樹事務所発行のPR誌「ランティエ」(2018年9月号)で、山口恵以子の新連載「食堂のおばちゃん5」がスタートした。

「食堂のおばちゃん5」は、下町・佃にある「はじめ食堂」を舞台に、お客さんとの交流を描いた「食堂のおばちゃん」シリーズの第5弾。著者の山口は、1958年東京都生まれ。会社勤めをしながら松竹シナリオ研究所に入学し、プロットライターとして活動。2007年に『邪剣始末』で小説家デビュー。2013年、丸の内新聞事業協同組合の社員食堂に勤務するかたわら執筆した『月下上海』で第20回松本清張賞を受賞。著書に『あなたも眠れない』『あしたの朝子』『風待心中』などがある。

 また、SF作家・小林泰三の新刊『パラレルワールド』の刊行を記念したエッセイ、日経小説大賞受賞作家・赤神諒や時代小説作家・今村翔吾のインタビューが掲載、坂井希久子による連載小説「居酒屋ぜんや」は今号で最終回を迎えた。

2018年8月6日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加