宮本輝「流転の海」シリーズの完結巻が10月に刊行! 300部限定の愛蔵版セットも発売

リリース

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 作家・宮本輝が、36年に及ぶ歳月をかけて書き継いだ大河小説「流転の海」シリーズが完結した。

 1982年に「海燕」で連載を開始し、以後「新潮」にて連載された「流転の海」シリーズは、著者が自身の「父」をモデルとした実業家・松坂熊吾と、その宿命に翻弄される母と子の、波瀾の人生を描いた自伝的長篇で、累計230万部突破している。完結巻となる『野の春 流転の海 第九部』は、「新潮」(2016年10月号)から連載が始まり、今年6月に完結。単行本は10月31日に発売される。

 また、完結を記念して『流転の海 愛蔵版 全9冊セット』が限定300部で発売される予定で、特典として主人公松坂熊吾の名台詞を書いた直筆色紙、「流転の海」連載第一回冒頭の直筆原稿のレプリカ、自作について語る著者の肉声を収録したCDが付録される。

 『流転の海 愛蔵版 全9冊』
 https://www.shinchosha.co.jp/book/332520/

 そのほか、新潮社発行の読書情報誌「波」(2018年10月号)では、完結を記念したインタビューが掲載され、作品に込められた想いを語っている。

 著者の宮本は、1947年兵庫県神戸市生まれ。追手門学院大学文学部卒業後、広告代理店勤務等を経て、1977年に自身の幼少期をモチーフにした小説「泥の河」で太宰治賞を受賞し作家デビュー。翌年「螢川」で第78回芥川賞を受賞。その後、結核のため二年ほどの療養生活を送るが、回復後、『優駿』で吉川英治文学賞、『約束の冬』で芸術選奨文部科学大臣賞、『骸骨ビルの庭』で司馬遼太郎賞を受賞、2010年には紫綬褒章を受章している。代表作に「川三部作」と呼ばれる『泥の河』『螢川』『道頓堀川』や登場人物の書簡体文学の『錦繍』、自身の出身校を舞台にした青春小説『青が散る』などがある。

限定300部の『流転の海 愛蔵版 全9冊セット』
『流転の海 愛蔵版 全9冊セット』――大河小説「流転の海」の完結を記念する三〇〇部限定の愛蔵版。オリジナル布装の特装本全9巻と、主人公松坂熊吾の名台詞を著者自ら選んだ直筆色紙、昭和五十七年「流転の海」連載第一回冒頭の直筆原稿レプリカ、自作について語る著者の肉声を収録したCDの三大付録を、画家・榎俊幸氏によるオリジナル装画の函に収めた豪華版

2018年9月27日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加