武田砂鉄と本谷有希子が「平成を語るなんてできるのか?」と思いながら平成を語る

イベント

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 平成遺産

    平成遺産
    武田砂鉄  著/最果タヒ  著/みうらじゅん  著/ブレイディみかこ  著/栗原 康  著/田房永子  著/川添 愛  著/川島小鳥  写真

 武田砂鉄をはじめ、最果タヒ、田房永子、みうらじゅんなど注目を集める7人の執筆陣が「平成」をテーマに書き下ろした『平成遺産』の刊行を記念したトークイベントが、2019年4月25日(木)に東京都渋谷・SPBS本店で開催される。

『平成遺産』は、武田砂鉄、最果タヒ、ブレイディみかこ、川添愛、みうらじゅん、田房永子、栗原康が<平成>にフォーカスして語った現代社会文化論。写真家・川島小鳥が本書にあわせて選んだ初公開作品が掲載されているほか、武田砂鉄と最果タヒによる対談も収録した一冊。

 イベントでは、『平成遺産』にて“神田うの”の生き様から平成を考察した武田砂鉄と、SNSに翻弄される人物たちの短編集『静かに、ねぇ、静かに』を出版された、作家の本谷有希子をゲストに迎え、この30年間に起きた事件や事故、流行や進化を踏まえながら、平成への思いを語る。

トークイベント
■日時
4月25日(木)20:00~21:30(開場:19:30)
■会場
SPBS本店(東京都渋谷区神山町17-3 テラス神山1F)
■ゲスト
武田砂鉄/本谷有希子
■参加費
1,500円(税込)
■定員
50名
■URL
https://www.shibuyabooks.co.jp/event/4819/

2019年4月11日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加