「キングダム」最新刊がベストセラー1位 映画版大ヒットに続く[コミックスベストセラー]

ニュース

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画「キングダム」公式サイトより
映画「キングダム」公式サイトより

 4月23日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『キングダム(54)』が獲得した。
 第2位は『五等分の花嫁(9)』。第3位は『進撃の巨人(28)』となった。

 1位の「キングダム」は54巻の発売と同日の19日より、ついに実写映画が公開された。劇場は昨年4月の映画化発表以来、公開を待ち望んでいたファンで溢れ、公開初週の3日間で50万7000人を動員し、興収6億9000万円となった(興行通信社調べ)。今回の映画版は「キングダム」全54巻のなかから1巻から5巻までに絞って実写化されている。キングダムファンのお笑いコンビ、麒麟の川島明さんは《映画「キングダム」を観てきました。信も政もそこにいた!王騎のたたずまいも声も話し方も王騎だった!楊端和様も蹴られたくなるほど美しかった!最後までしっかり興奮。また漫画を最初から読みたくなりました。》と映画の感想をツイート。この他にもSNSでは作者の原泰久さんが脚本にも参加したというストーリーや各キャラクターの再現度などに原作ファンから称賛の声が集まっている。またはやくも映画第二弾を期待する声もあがっている。

1位『キングダム(54)』原泰久[著](集英社)

王翦軍、満を持しての出陣! そして、兵糧は最後の配給へ。飛信隊と玉鳳隊、それぞれの隊長が渾身の激で士気を爆発させた二隊は、劣勢を跳ね返す進撃を見せる。それを合図に、王翦中央軍が出陣! 本陣同士の激突は目前に! 一方、兵糧が足りない秦軍は、とうとう最後の配給を迎えてしまい…!?(集英社ウェブサイトより)

2位『五等分の花嫁(9)』春場ねぎ[著](講談社)

「落第寸前」「勉強嫌い」の美少女五つ子を、アルバイト家庭教師として「卒業」まで導くことになった風太郎。春休みが明け、新学期到来。無事三年生に進級した五つ子と風太郎は、なんと六人とも同じクラスに配属! 恋に勉強に学校行事!! 賑やかすぎる高校生活最後の一年が、幕を開ける──!!(講談社ウェブサイトより)

3位『進撃の巨人(28)』諫山創[著](講談社)

王家の血を引くジークを迎え入れ「地鳴らし」の発動条件を手に入れたエレン達。だが兵団は、エレンがジークに操られていた場合の危機を考慮し、二人を引き合わせることに躊躇。そしてマーレからの義勇兵を拘束してしまう。その事態に一部の兵士や民衆が不満を溜める中、ついにエレンが単独行動を起こす。(講談社ウェブサイトより)

4位『七つの大罪(36)』鈴木央[著](講談社)

5位『ダンジョン飯(7)』九井諒子[著](KADOKAWA)

6位『名探偵コナン(96)』青山剛昌[著](小学館)

7位『ダイヤのA act2(16)』寺嶋裕二[著](講談社)

8位『ワンパンマン(19)』ONE[原作]村田雄介[漫画](集英社)

9位『DAYS(32)』安田剛士[著](講談社)

10位『化物語(5)』西尾維新[原作]大暮維人[漫画](講談社)

〈コミックスランキング 4月23日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2019年4月27日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加