日向坂46と書店デート 小坂菜緒が表紙を飾る『世界でいちばん長い写真』が急上昇

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月9日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、文庫第1位は『薬屋のひとりごと(10)』が獲得した。
 第2位は『JR上野駅公園口』。第3位は『勘定侍 柳生真剣勝負(3) 画策』となった。

 4位以下で注目は10位に初登場の『世界でいちばん長い写真』。『ストロベリーナイト』(姫川玲子シリーズ 光文社)や『ジウI 警視庁特殊犯捜査係』(ジウシリーズ 中央公論新社)など女性を主人公としたハードボイルドな警察小説で人気の誉田哲也さんによる青春小説。冴えない生活を送る少年が、不思議なカメラと出会うことで成長を果たす姿を描く。2018年に俳優の高杉真宙さん主演で映画化された作品。文庫版は2012年に発売された。2月から始まった「日向坂文庫 2021冬 書店デート」企画に選ばれた一冊で、日向坂46の小坂菜緒さんが表紙となったスペシャルカバーバージョンが発売され大きく売上を伸ばした。同企画は日向坂メンバーと書店デートしているような気分が味わえるフェア。全22冊が予定されている。

1位『薬屋のひとりごと(10)』日向夏[著]しのとうこ[イラスト](主婦の友インフォス)

シリーズ累計1200万部突破!妖怪!蝗害!災害!西都に呼ばれた謎!最新10巻はドキドキとワクワクの波状攻撃が止まらない!(主婦の友インフォスウェブサイトより)

2位『JR上野駅公園口』柳美里[著](河出書房新社)

一九三三年、私は「天皇」と同じ日に生まれた――東京オリンピックの前年、出稼ぎのため上野駅に降り立った男の壮絶な生涯を通じ描かれる、日本の光と闇……居場所を失くしたすべての人へ贈る物語。(河出書房新社ウェブサイトより)

3位『勘定侍 柳生真剣勝負(3) 画策』上田秀人[著](小学館)

武士の剣術と商人の金策との一騎打ち!(中略)修羅場の痛快時代小説、シリーズ第三弾!(小学館ウェブサイトより)

4位『ブロードキャスト』湊かなえ[著](KADOKAWA)

5位『ファーストラヴ』島本理生[著](文藝春秋)

6位『麦本三歩の好きなもの 第一集』住野よる[著](幻冬舎)

7位『立つ鳥の舞 くらまし屋稼業』今村翔吾[著](角川春樹事務所)

8位『時効の果て 警視庁追跡捜査係』堂場瞬一[著](角川春樹事務所)

9位『おもかげ』浅田次郎[著](講談社)

10位『世界でいちばん長い写真』誉田哲也[著](光文社)

〈文庫ランキング 2月9日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2021年2月13日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加