『陸軍分列行進曲』とふたつの『君が代』

出陣学徒は敵性音楽で戦場に送られた

『陸軍分列行進曲』とふたつの『君が代』

著者
大山 眞人 [著]
出版社
平凡社
ジャンル
芸術・生活/音楽・舞踊
ISBN
9784582859539
発売日
2020/08/17
価格
924円(税込)

内容紹介

明治に入り、日本は欧米列強に対抗すべくさまざまな近代化を推し進める。音楽も例外ではなく、外国人音楽家の力を借りて国歌『君が代』が誕生、さらに『陸軍分列行進曲』が、フランス人音楽家の曲をもとに、編曲を繰り返すことで陸軍が制定する行進曲につくり上げられていく。太平洋戦争へと突き進むなかで敵性音楽は禁止される。だが、「出陣学徒壮行会」の場で、作曲者の名を伏せて行進曲は使用されたのだ。
敵性音楽を平気で用いるしたたかさは、どこからくるのか。音楽史の視点からその?闇?を明らかにする!

データ取得日:2021/04/19  書籍情報:openBD