【児童書】『泣いた赤おに』浜田広介作、つちだのぶこ絵

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

泣いた赤おに

『泣いた赤おに』

著者
浜田 広介 [著]/つちだ のぶこ [イラスト]
出版社
あすなろ書房
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784751528112
発売日
2016/07/28
価格
1,620円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【児童書】『泣いた赤おに』浜田広介作、つちだのぶこ絵

[レビュアー] 桑原聡(産経新聞社 文化部編集委員)

 ユーモラスな画風で知られるベテラン絵本作家が永遠の名作に挑んだ。

 村人と仲良しになりたいと望む赤おにのために、自分を悪者にして赤おにの願いをかなえ、静かに去っていった青おにの物語。望みのかなった赤おにが青おにの家を訪ねると、空き家となった家の壁に「ドコマデモ キミノ トモダチ」という言葉で締めくくられた手紙が…。自己犠牲の尊さをこれほど見事に描いた物語はない。

 版元によると「小学校3年生のとき、初めてこの物語を読んで感動したつちだのぶこさんは、すぐに画用紙をやぶって絵を描きはじめ、絵本をつくった」という。それから37年の熟成期間を経て、つちださんはこの作品に挑んだ。悪かろうはずがない。生きることの悲しみと、本当の友情の温かさがじわりと伝わる作品に仕上がっている。

 かつて、この作品を「未来への展望がない形式」と批判して葬り去った児童文学研究者の鳥越信氏(平成25年没)に読ませたいと思うのは、私ひとりではないはずだ。(あすなろ書房・1500円+税)

産経新聞
2016年8月28日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加