『日本と世界がわかる最強の日本史』八幡和郎著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本と世界がわかる 最強の日本史

『日本と世界がわかる 最強の日本史』

著者
八幡 和郎 [著]
出版社
扶桑社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784594076269
発売日
2017/03/02
価格
950円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『日本と世界がわかる最強の日本史』八幡和郎著

[レビュアー] 産経新聞社

 東大法学部卒、経済産業省入省後、国土庁長官官房参事官などを歴任…。そんな著者と歴史とのかかわりは深く、本書は、自著『世界と日本がわかる最強の世界史』と対をなすものであると記す。

 今作の本旨をいえば「日本人自身が誇るべきことを、失敗も含めて、世界史的な視野からきちんと評価した、正しい認識をもってほしい」という。

 具体的事例は、『神武東征は日本書紀に書いてなかった』『江戸時代は北朝鮮と同じような地上の楽園』『日韓併合は日米合作の結果』…。データなどを基に意外な史実が語られる。(扶桑社新書・880円+税)

産経新聞
2017年4月2日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加