第十三回中原中也賞受賞作文庫化

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グッドモーニング

『グッドモーニング』

著者
最果 タヒ [著]
出版社
新潮社
ジャンル
文学/日本文学詩歌
ISBN
9784101800899
発売日
2017/01/28
価格
464円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

第十三回中原中也賞受賞作文庫化

[レビュアー] 図書新聞

 現代詩という枠組みに縛られることなく活動領域を広げ、読者を増やしている詩人・最果タヒ。二〇〇八年、思潮社から刊行された本書によって当時最年少で中原中也賞を受賞したことでも話題となった。それからおよそ十年。小説やエッセイ集の刊行にとどまらず、昨年上梓した第四詩集『夜空はいつでも最高密度の青色だ』(リトルモア)は、映画化もされ今春公開の予定だという。詩集の映画化ということで今後さらにまた大きな話題となることが予想される。しかし、第一詩集である本書『グッドモーニング』の文庫化にも驚く。最果タヒの鮮烈な詩群を受け止める読者がこの文庫によってさらに増えていくだろう。なお、文庫化にあたって九つの詩篇が新たに収録されている。元本を持っている読者も必読の一冊だ。(2・1刊、一二八頁・本体四三〇円・新潮文庫nex)

図書新聞
2017年2月18日号(3291号) 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

図書新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加