『名門水野家の復活 御曹司と婿養子が紡いだ100年』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名門水野家の復活

『名門水野家の復活』

著者
福留 真紀 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
歴史・地理/日本歴史
ISBN
9784106107580
発売日
2018/03/16
価格
799円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『名門水野家の復活 御曹司と婿養子が紡いだ100年』

[レビュアー] 産経新聞社

 信濃松本藩7万石、譜代大名の中でも名門の水野家に不運が訪れたのは享保10(1725)年。酒色におぼれた当主が乱心、江戸城内で刃傷沙汰を起こしたのだ。取りつぶしは逃れたが、旗本に転落、名門の命運は尽きたと誰もが思った。

 本書はこの不運をはね返して水野家を復活させ、いずれも老中まで上り詰めた2人の当主の人生をたどる。10代将軍・家治に一心に仕え、田沼意次の台頭とともに大名復帰を果たした忠友。婿養子から「したたかさ」を武器に権勢を誇るまでに家格を上げた忠成(ただあきら)。対照的な2人の生きようを、詳細な史料から浮かび上がらせる。(福留真紀著/新潮新書・740円+税)

産経新聞
2018年5月27日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加