愛とは何か、考えさせてくれる小説。――「流転の海」と私 壇蜜(タレント)

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野の春―流転の海 第九部―

『野の春―流転の海 第九部―』

著者
宮本輝 [著]
出版社
新潮社
ISBN
9784103325192
発売日
2018/10/31
価格
2,268円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

流転の海 愛蔵版 全9巻セット

『流転の海 愛蔵版 全9巻セット』

著者
宮本輝 [著]
出版社
新潮社
ISBN
9784103325208
発売日
2018/10/31
価格
54,000円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

愛とは何か、考えさせてくれる小説。

[レビュアー] 壇蜜(タレント)

壇蜜
壇蜜

『流転の海』に出会って以来、この大きな物語の深い海に浸っています。圧倒的に強い父の熊吾、繊細で気丈な母・房江、愛情を注がれて育つ賢い伸仁の三人からは、何が起きても決して絆を失わない家族の深い愛を教えてもらいました。特に、熊吾の破天荒さに翻弄されながらも、しっかりと自分を保つ房江にとても刺激を受けました。

 私にとって幸福とは愛とは何か、何のために生まれたのか、などを考えさせてくれる大切な本です。

新潮社 波
2018年10月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加